Appleの「噂リーク最新情報」を見たい方は次回『Apple教』と検索ください。Google検索

【ひなぎく購入レビュー】MacBook Pro (13-inch, 2020) MWP42J/A 上位モデル CTO – スペースグレイ

この記事は約 4 分で読めます。

こんにちは、こんばんは、ひなぎくです。

「MacBook Pro (13-inch, 2020) 上位モデル CTO – スペースグレイ」をApple Storeで購入しましたので、レビューします。

MacBook Pro (13-inch, 2020)の詳細については以下の記事を参照してください。


スポンサードリンク
目次

注文から届くまで

購入のステータス変更

注文のタイミングの関係から、「MacBook Pro (13-inch, 2020)」の第2陣出荷(到着:2020/05/24〜2020/05/31)に回されました。
注文:5/7 → 到着5/29

ステータス日時備考
注文2020/05/07 00:044月末に購入したMBP2019が初期不良のため、代替え品として注文
注文確定2020/05/07 00:11
出荷準備中2020/05/23 22:17注文から、16日後
出荷完了2020/05/25 18:13注文から、18日後→到着予定日:2020/05/29
海外発送2020/05/26 17:44注文から、19日後
荷物入国2020/05/28 11:15注文から、21日後
作業店通過2020/05/28 15:34注文から、21日後
作業店通過(最寄り)2020/05/29 03:51注文から、22日後
到着2020/05/29 09:07注文から、22日後

荷物追跡

傾向

今回の「MacBook Pro (13-inch, 2020)」は、Twitterの報告を見ていると、カスタマイズによって、ステータス変更の順序に傾向があるようです。
どうも、以下の順番で、生産をしているようです。
ただ、納期が同じ場合、「標準構成での出荷」と「CTOでの出荷」に分けて出荷されている様子で、第一陣の出荷を見ていると、到着日付は同じようです。

  1. 標準構成
  2. キーボード変更(USキーボードなど)
  3. メモリ
  4. CPU
  5. ストレージ

しかし、注文も落ち着いてきている様子で、今注文すると、3週間も待たないかとおもわれます。

カスタマイズ内容と価格

カスタマイズの目的

メインで使うPCを、Windows自作から、Macに移行するタイミングを考えており、コンパクト、かつ仮想マシンでWindowsが十二分に動作することを条件に検討しました。
また、会社でMacbook Airを使っている関係上、癖からアプリを立ち上げっぱなしにすることが多いため、メモリは多く積もうと考えました。

カスタマイズ内容

※カスタマイズした部分

  • 第10世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
    (Turbo Boost使用時最大4.1GHz)
  • Intel Iris Plus Graphics
  • 32GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
  • 1TB SSDストレージ
  • True Tone搭載13インチRetinaディスプレイ
  • Thunderbolt 3ポート x 4
  • Touch BarとTouch ID
  • バックライトMagic Keyboard – 日本語(JIS)

カスタマイズポイント

  1. を利用しながら、他のソフトウェアでマルチタスクを行うため、16GBだとメモリが不足しがち。そのため32GBを選択。
  2. 13インチだと、別途GPUを積めないため、i5からi7にアップデートすることでグラフィック性能をカバー。
  3. 16インチだと、持ち歩きが辛くなるため、13インチを選択。
    (補足するなら、16インチの流れから、エアフローの改善も見込めたため、13インチを選択)

価格

価格
小計 ¥268,800.
消費税 ¥26,880
合計 ¥295,680

価格小計 ¥268,800
消費税 ¥ 26,880
合計 ¥295,680


スポンサードリンク

標準構成で即納したい場合

標準構成での購入の場合、Apple Storeで購入するより、Amazonや家電量販店で購入した方が圧倒的に早いです。

購入したアクセサリー

サードパーティ充電器(60W)

サードパーティUSB-Cケーブル(100W)

HDMI切り替え機

外部ディスプレイ(持っているのは、これの前モデル)

外部記憶媒体

開封

化粧箱

本体

アクセサリー


スポンサードリンク

この商品の1番の注目ポイント!

MagicKeyboard

2020から、キーボードが「バタフライキーボード」から、「MagicKeyboard(シーザーキーボード)」に変更されました。
これは、2015年から発売されたMacBookシリーズで抱えていたキーボードの「ホコリやゴミの影響でキーボードが扱えなくなる」という最大の問題の解決策でもあります。

1. 初期のバタフライキーボード
このキーボードでは、キーが動かなくなってしまう事例もいくつかありました。これはキーの「浅さ」が原因です。そのせいで、キーがボードの溝の内側で詰まりやすくなってしまうのです。
さらに悪いのは、キーボードがほこりやごみに「敏感」であるという点でした。ほこりがキーの下に入ってしまうと、そのキーが再び正常に機能することはもうないかもしれません。

https://www.lifehacker.jp/2020/01/205500-apples-worst-macbook-problems-and-how-to-fix-them_makeuseof.html

キーバインドの変更

ESCキーがタッチバーから、物理キーに復活した他、方向キーが逆T字になっております。
また、タッチバーから、Touch IDが独立した構造になっています。

キーストローク

後述に挙げる写真でも明白ですが、キーストロークが長く変更されています。
これは好き嫌いがはっきり分かれると思われます。

キーボードの仕上げ

キートップも光沢仕様から、グレア仕様に変更されています。

画像で比較

ESCキーが復活しています。

2020

写真から見ても分かる通り、キーストロークが長くなっております。

(比較用) 2019

ファーストインプレッション

グラフィック性能

 今まで使っていた、MacBook Proのスペックは以下の通り。

  • 第8世代の2.8GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ
  • Intel Iris Plus Graphics 645
  • 16GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ
  • 1TB SSDストレージ
  • 13インチRetinaディスプレイ
  • Thunderbolt 3ポート x 4

今まで行った中で2019年モデルでは出来なかった1番重たい作業として、8K動画の再生がありましたが、2020モデルでは、問題なく再生できます。
※動画の読み込みスピード次第では、再生が止まることがあります。

マルチタスクでの作業

1番重要視していた、Parallels Desktopと、Chrome・ミュージック・・メールなどの並行作業ですが、32GBメモリをついでいるため、メモリにある程度の余裕ができて作業できています。
ただ、メモリ使用量を確認すると、今までよりより多くのメモリを消費するようになったかな?という印象を持ちました。

以下の画像でも分かる通り、 を立ち上げると、17GBは消費されてしまいます。

キーボードの感触

MagicKeyboardに代わり、1番違和感を覚えるのが、キーストロークの長さです。
会社では、MacBook Air2018、プライベートで、MacBook Pro2019を使っており、明らかなキーストロークの違いを感じます。
ただ、ESCが独立したことで、ことえりのライブ変換を無視したいときや、ポップアップウィンドウを閉じたい時(LINEの会話ウィンドウを閉じる時など)など、誤操作が格段に減った印象です。

ひなぎく’s作業環境

イメージ

写真


スポンサードリンク

参考情報

2020モデルのCore i7の型番は以下の通りです。
・Intel(R) Core(TM) i7-1068NG7 CPU @ 2.30GHz

最後に

所感

大学生や、社会人など、一般用途で使う場合、ここまでのスペックを積む必要はないと考えます。
「MacBook Air 2020をカスタマイズして、メモリ16GBに変更する」や、Apple整備済み製品を購入するなどすることで、安価で十二分に活躍できるMac環境が整いつつあります。
事務作業用途、動画サブスクリプションサービス視聴などでは、ここまでのスペックを必要としませんので、ご注意ください。

また、来年出ると噂されているARM-MacBookも楽しみですが、今後のIntel-CPU進化に伴う13インチMacBookシリーズのグラフィック性能の向上に期待ですね!

読んでいただきありがとうございました。

参考リンク

よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次