Apple教では一緒に記事を書いて盛り上げてくれるライターさんを募集しています。ライター志望や記事を書いて影響力を与えたいという人募集してます。

【話題】「AirPods Pro Lite」一時ニュースの話題になる

Apple製品紹介
Apple製品紹介 オープンチャット オリジナルコンテンツ Apple教まとめニュース ハードウェア情報 Apple製品アクセサリー Apple製品ニュース 製品紹介 AirPods / beats などイヤホン Amazon関連
この記事は約6分で読めます。
広告

昨年10月に突然発売をした大人気のApple純正イヤホン「AirPodsPro(エアポッズプロ)」ですが、発売して4カ月しか経っていないのに廉価版の「AirPods Pro」として「AirPods Pro Lite」が発売されるのではないかというニュースが本日話題を呼んでいます。また「AirPods Pro Lite」の話題が出た瞬間LINEのOpenChat「Apple教ニュース支店」でも早々と情報共有されましたので併せてお知らせします。

Photo by hussain05 on Pixabay
広告

AirPods Lite最新ニュース

2020年2月22日

Appleが開発中との報道もあるAirPods Pro liteについて、AirPods Proとの違いはノイズキャンセリング機能を搭載していない点との情報が伝えられました。
筐体や、音質に大きな影響を与えるドライバーユニットはAirPods Proと同じものを採用していると伝えています。
AirPods Pro liteは単に、第3世代AirPodsを指している可能性もあると考えている。

https://gunosy.com/articles/aDpzN?s=s

AirPodsProおさらい

iPhoneを販売しているAppleが約3万円(税込)もする高級Bluetoothイヤホンです。アクイティブノイズキャンセルを搭載し、ストレスや音漏れなく音楽をたのしめます。イヤホンは片耳づつに独立をしていており、イヤホン間にはケーブルが無く独立をしているのが特長です。この「AirPods Pro」はフリマアプリで定価の5,000円ぐらいら高い、平均36,000円ぐらいで売買されており予約をしても1ヶ月から1ヶ月半待たないと手に入らないほどの人気です。

AirPods Proのいいところ
  • 包み込むようなサウンドを生み出すアクティブノイズキャンセリング
  • 周囲の音が聞こえて、今起きていることがわかる外部音取り込みモード
  • 装着感をカスタマイズできるように、ソフトな先細のシリコーン製イヤーチップを3つのサイズで用意
  • 耐汗耐水性能
  • アダプティブイコライゼーションで音楽を耳の形に合わせて自動的に調節
  • すべてのApple製デバイスで簡単に設定
  • 「Hey Siri」と声をかけるだけで瞬時にSiriへアクセス
  • Wireless Charging Caseを使えば、バッテリー駆動時間は24時間以上

なぜ話題が浮上をしたのか?

まずこのニュースを話題にしたのはグノシーでのgori.meさんでした。詳細はリンク先を見ていただければわかりますが、なんとこの「AirPods Pro Lite」は「AirPods Pro」より5,000円安いと言われています。その5,000円というのは果たしてどんな値段帯なのでしょうか?

台湾メディアDigiTimesは、新型コロナウイルスの影響を受け、Appleは台湾でのApple製品の生産を増やそうとしている、と2月12日付けで報じましたが、デバイスのリストにこれまで聞いたことない「AirPods Pro Lite」が含まれていることがわかりました。

https://gunosy.com/articles/aqGHn?s=s

「Appleは、台湾と中国のサプライチェーンの生産パートナーシップを維持しつつも、台湾での次世代iPad、Apple Watch、AirPods Pro Lite、iMacの生産台数を増加させる可能性がある。感染症の拡大で、中国の部品サプライヤーと組み立て工場の通常営業がいつ再開されるかわからない状況が続いており、原料の供給不足と、出荷遅延のリスクが生じたためだ」

https://gunosy.com/articles/aqGHn?s=s

第二世代AirPodsの存在

AirPods第二世代」モデル
Apple AirPods with Charging Case (最新モデル)
Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

  • 自動でオンになり、自動で接続
  • すべてのApple製デバイスで簡単に設定
  • 「Hey Siri」と声をかけるだけで瞬時にSiriへアクセス
  • ダブルタップで再生またはスキップ
  • 新しいApple H1ヘッドフォンチップで、デバイスとのワイヤレス接続がさらに速く
  • ケースですばやく充電
  • ケースはLightningコネクタで充電
  • 豊かで質の高いオーディオと音声
  • デバイス間の切り替えはシームレス
  • 自動でオンになり、自動で接続
  • すべてのApple製デバイスで簡単に設定
  • 「Hey Siri」と声をかけるだけで瞬時にSiriへアクセス
  • ダブルタップで再生またはスキップ
  • 新しいApple H1ヘッドフォンチップで、デバイスとのワイヤレス接続がさらに速く
  • ケースですばやく充電
  • Qi対応充電マットを使ったワイヤレス充電と、Lightningコネクタを使った充電に対応
  • 豊かで質の高いオーディオと音声
  • デバイス間の切り替えはシームレス

この第二世代 AirPods が¥19580円。
ワイヤレスケース版は¥25,080 (Amazonでは¥3,847 (15%)の¥21,233)
その最上位のAirPodsProが¥30580円。
この二製品の間ちょうど「¥25,000円」ぐらいになるのではないかという情報です。
(となるとワイヤレス版のAirPods第二世代ぐらいの値段になるということですかね?)

またニュースの出先は他にも

またgori.meさんの後にはグノシーのiPhone Maniaさんのニュースも登場しており、
より詳しいニュースになっているのでよかったら目にしていただきたい。
(こちらも「Apple教ニュース支店で拡散済み」)

AirPods Pro Liteに関する情報は今のところほとんどなし

台湾メディアDigiTimesは、新型コロナウイルスの影響を受け、Appleは台湾でのApple製品の生産を増やそうとしている、と2月12日付けで報じましたが、デバイスのリストにこれまで聞いたことない「AirPods Pro Lite」が含まれていることがわかりました。

https://gunosy.com/articles/aqGHn?s=s

「Appleは、台湾と中国のサプライチェーンの生産パートナーシップを維持しつつも、台湾での次世代iPad、Apple Watch、AirPods Pro Lite、iMacの生産台数を増加させる可能性がある。感染症の拡大で、中国の部品サプライヤーと組み立て工場の通常営業がいつ再開されるかわからない状況が続いており、原料の供給不足と、出荷遅延のリスクが生じたためだ」

https://gunosy.com/articles/aqGHn?s=s

今後の動向

今後もApple教ではオープンチャットを駆使してお手軽でLINEで「Apple情報のニュースまとめ配信」情報発信やブログでの情報発信を進めていきたいと思いますのでチェックをしていただければと思います。併せて200名が参加をしている「Apple教オープンチャット」もよろしくお願いします。

AirPodsLiteのニュース

2020年02月22日

AirPods Pro liteはノイズキャンセリング機能を搭載しない見込み

2020年02月19日

新型コロナウイルスの影響で「AirPods Pro Lite」の発売が遅延か

2020年02月16日

5G対応iPad Proが今年後半に発売?からAirPods Pro Lite準備中?まで。最新のアップル噂まとめ

あなたの意見を聞かせてください

ユーザー投票1

AirPodsLite欲しい?

ユーザー投票2

AirPodsLite製品化されると思う?

この記事を書いた人

だんやん
だんやん管理人・伝道師
管理人・伝道師をやっているだんやんです。
Apple歴はiPod nano第一世代からでiPhoneは日本初モデルiPhone3Gから。
現在はiPhone XR、iPadPro11、AW5、MBP13 2016Touch Bar、AppleTV4k、AirPods Pro、beatsX、Beats Solo Pro、Power beats Proを愛用。
どこにいってもApple教を信仰中する日々を過ごす。

よかったらコメントを残して情報や感想をお願いします。 コメント応援プログラム開始。ブログの記事にコメントを書くと一ヶ月に一回抽選でAmazonギフト券をプレゼント!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました