Appleの「噂リーク最新情報」を見たい方は次回『Apple教』と検索ください。Google検索

【M1チップMac】iOS/iPadOSアプリ実行時の注意事項(キャッシュとタスクキル)について Apple Silicon(Macbook Air/Macbook Pro/Mac mini)

この記事は約 1 分で読めます。

こんにちは。こんばんは。ひなぎくです。

M1チップ搭載のMacBook Air、 Pro、Mac miniにおいて、iOS、iPadOSアプリが動くことは周知の事実ですが、注意事項について解説させていただきます。

※画像は、オープンチャットに所属している「みっさん様」の提供です。


スポンサードリンク
目次

MacでのiOS/iPadOSアプリ注意事項

実行イメージ

実行できるアプリについて、できるアプリやできないアプリ、挙動がおかしいアプリなどがありますが、基本的なアプリは実行されます。

CPU-xでのiOS実行環境の認識

Airでは、実行環境が以下の通り、認識されます。

  • 機種: Pro 3rd Gen(12.9 inch, 1TB, WiFi)
     SoCから推察したと想定
  • iOS:.2

キャッシュファイル

キャッシュファイルが、以下の場所に保管されます。

キャッシュの場所

/Users/$USER/Library/Containers

~/Library/Containers

扱いは以下のようになります。

  • iCloudバックアップ対象:Documents
  • その他:キャッシュデータ

しかし、ipaファイルアンインストールだけでは キャッシュファイルが削除されず、自分で削除する必要があります。

削除方法

ターミナルアプリを開き、以下のコマンドを実行することで、対象ディレクトリをFinderで開くことができます。

% cd Library/Containers
% open .

タスクキル

iOSアプリを通常に終了しただけでは、バックグラウンドで実行されたままになっています。

「アクティビティモニタ」か、「強制終了..」から終了する必要があります。

最後に

Apple教で、みっさんが検証してくれた内容を紹介させていただきました。

動作に関してはまだまだ不安定なところや、キャッシュが残ってしまう問題などが山積されていますが、スペックや高い互換性など魅力的なところがありますね。

よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
目次
閉じる