Appleの「噂リーク最新情報」を見たい方は次回『Apple教』と検索ください。 Google検索

【AR Glass】Apple Glass いつ発売日・デザイン・スペック・噂・リーク・最新情報

本サイトは、アフィリエイト広告および広告による収益を得て運営しています。 広告観覧や購入により売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

この記事は約 5 分で読めます。

Apple Glass とはメガネ型ウェアラブルコンピュータのことを指します。
まずウェアラブルコンピュータとはウェアラブルコンピュータとは、装着もしくは着用出来るコンピュータのこと。ラップトップやスマートフォンなど単に持ち運べるコンピュータとは異なり、主に衣服状や腕時計状で身につけたまま使えるものを指す。 ウェアラブルデバイス、ウェアラブル端末、ウェアラブル、ウェアラブル製品と呼ぶこともある。ウィキペディアとのことです。

これは2018年ごろから話題になっており、ここ2020年ごろになり急に情報が出てきました。また2020年ぐらいからコンセプト動画もたくさん出ているので参考にみてはいかがでしょうか?

このApple教では噂になっているニュースのまとめやスペックのまとめなどを随時更新していきますので情報をお見逃しなくです。気に入っていただけましたらお気に入り・ブックマークをしていただくか、URLに「AppleKyo.Com」と入れていただきアクセスをすれば情報が手に入ることができるのも「Apple教」の特徴でもあります。


スポンサードリンク
目次

予想されているスペックなどの情報

Apple Glass
名称予想Appleグラス
予想価格$499 (約54,800円)
度付きレンズ
オプション
度付きレンズを入れることも可能
発表2020年10月のiPhone発表と同時か?
または
2021年03月「One More Thing」デバイスとして発表されるか?
フレーム仕様テスト版はプラスチック
製品版はメタルフレーム
右のツルににLiDARセンサーを装備か?
カメラ機能搭載せず
充電方法専用充電スタンド・ワイヤレス充電
グラスの仕様両レンズがディスプレイになる
OSRealityOS
UIStarboard
搭載チップH1チップ または U1チップ
ヘルスケア心拍数・脳は測定が可能になるか?
操作方法ジェスチャー操作とQRコード
iPhoneとペアリングをして利用

YouTubeチャンネルConceptsiPhoneにAppleのAR Glasses勝手コンセプトが2019年03月27日に公開されました。


Appleも近年はARコンテンツに力を入れており2021年以降発売されるであろうという思わせる製品のコンセプト動画だ。
またLOUIS VUITTONとのコラボを思わせる動画にもなっている。
OSは「RealityOS」と言うOSとなっている。2021年に発売はされるのでしょうか?

まとめ資料・画像資料


スポンサードリンク

まとめ・動画資料

Twitterまとめ

Appleメガネが実現したら?何もない空間にキーボードやウィジェットが登場

Appleが開発中と噂の拡張現実(AR)デバイス、Appleメガネのコンセプト動画が、Instagramで公開されています。

空中にアイコンやウィジェットが浮かんで見える

イスカンダル・ウテバウェフ氏(bat.not.bad)がInstagram上にAppleメガネのコンセプト動画を投稿、これをリーク情報やコンセプト画像作成で知られるベンジャミン・ジェスキン氏(@BenGeskin)がTwitterで共有しています。

 
手に持ったAppleメガネを通すと、Appleメガネとその箱しか置かれていないテーブル上にキーボードがあるように見えたり、何もない空間にiOSデバイスのアプリアイコンやウィジェットが浮かんでいるように見えたりする様子が、動画から確認できます。
 
ジェスキン氏は同じツイートのスレッドで、Appleメガネの別のコンセプト画像も紹介しています。スポーツ用品店などでスニーカーに関する情報を見ている画像で、ジェスキン氏は「実際には最初の動画よりも、このような形になるのではないか」と述べています。

https://iphone-mania.jp/news-303373/
https://twitter.com/BenGeskin/status/1287317714973982721

AppleのARメガネでMacやiPadを設定したらこうなる?

ニュースまとめ

2020年07月30日(木)

Appleメガネは3Dサウンドの臨場感向上にも貢献?~関連特許を取得

Appleが米国特許商標庁(USPTO)にて取得した特許から、同社はAppleメガネ3Dサウンドの臨場感向上に役立てることを検討しているようだと、AppleInsiderが伝えています。

https://iphone-mania.jp/news-304021/

2020年07月27日(月)

Appleメガネが実現したら?何もない空間にキーボードやウィジェットが登場

Appleが開発中と噂の拡張現実(AR)デバイス、Appleメガネのコンセプト動画が、Instagramで公開されています。

空中にアイコンやウィジェットが浮かんで見える

イスカンダル・ウテバウェフ氏(bat.not.bad)がInstagram上にAppleメガネのコンセプト動画を投稿、これをリーク情報やコンセプト画像作成で知られるベンジャミン・ジェスキン氏(@BenGeskin)がTwitterで共有しています。

 
手に持ったAppleメガネを通すと、Appleメガネとその箱しか置かれていないテーブル上にキーボードがあるように見えたり、何もない空間にiOSデバイスのアプリアイコンやウィジェットが浮かんでいるように見えたりする様子が、動画から確認できます。
 
ジェスキン氏は同じツイートのスレッドで、Appleメガネの別のコンセプト画像も紹介しています。スポーツ用品店などでスニーカーに関する情報を見ている画像で、ジェスキン氏は「実際には最初の動画よりも、このような形になるのではないか」と述べています。

https://iphone-mania.jp/news-303373/
https://twitter.com/BenGeskin/status/1287317714973982721

2020年07月24日(金)

Appleメガネで心拍数や脳波測定が可能になるかも~特許情報からの予想

Appleが取得した特許情報から、Appleメガネやヘッドマウントディスプレイ(HMD)で心拍数や脳波測定を行うことを研究していることがわかりました。

https://iphone-mania.jp/news-302722/

2020年07月22日(水)

Apple Glass(仮)で「どこでもタッチインターフェース」が可能に?アップルが特許出願

アップルがARハードウェア製品を開発中であり、ヘッドセット型は2022年、軽量なメガネ型の「Apple Glass(仮)は2023年発売との予測は複数のアナリストやメディアが一致するところです。しかし、その使い道や操作インターフェースは情報が一切なく、いまだに謎に包まれています。

そんな状況のもと、手がかりとなるのがアップルの出願した特許の数々です。先日もARメガネ上だけに情報を表示してiPhoneユーザーのプライバシーを守る特許出願が公開されていましたが、続いて「どこでも仮想タッチインターフェースにできる」特許申請が明らかとなりました。

https://japanese.engadget.com/appleglass-070000735.html

Appleメガネ、色々なものを仮想デバイスにしてしまう機能を搭載か?

現地時間2020年7月21日、米国特許商標庁(USPTO)で公開された特許情報から、AppleはAppleメガネを用いて、色々なものを仮想デバイスに変えてしまう機能を研究していることがわかりました。

特許の内容

Appleが取得した特許、「1番目と2番目のタッチ操作を検出するための方法とデバイス」は、ユーザーが何かをタッチした際に、その場所がユーザーの体温で温かくなることを利用し、それを検出することで拡張現実(AR: Augmented Reality)におけるタッチ操作を判別するものです。

https://iphone-mania.jp/news-302389/

2020年07月16日(木)

Appleメガネ、装着者のみが見えるプライバシースクリーンをiPhone上に表示?

本特許、「プライバシースクリーン」は、プライバシーフィルター、プライバシーフィルムなどをiPhoneの画面に装着して、周囲の人から画面が見えないようにしている状態を、Appleメガネの装着によって実現するものです。 

この特許を活用した機能が導入されれば、Appleメガネを装着しているユーザーは、iPhoneやiPadの画面には何も表示されていない状態でも、拡張現実(AR: Augmented Reality)を活用して、あたかもそこに画面が表示されているように見ることが出来るようになるようです。

https://iphone-mania.jp/news-301615/

2020年07月11日(土)

AppleのARデバイス用レンズはすでに生産トライアル段階に突入か

Appleは、現実拡張(AR)ヘッドセットやARメガネの開発を進めていると噂されています。

 

有料メディアThe Informationの最新レポートによると、ARデバイスにおいて最も重要な部品のひとつである「レンズ」が試作段階を終え、すでに生産トライアルへ進んでいるとのことです。

https://iphone-mania.jp/news-300710/

2020年07月05日(日)

AppleのARメガネでMacやiPadを設定したらこうなる?

現在開発中と噂されるAppleのARメガネを利用して、MacやiPadの仮想キーボードなどを設定することをイメージした動画が、Twitter上に投稿されています。

ARメガネでMacやiPadを使うことをイメージ

リーク情報やコンセプトイメージの制作で知られるベンジャミン・ジェスキン氏(@BenGeskin)がTwitterに、開発中と噂のAppleの拡張現実(AR)メガネを使い、Macのリモートデスクトップ、iPadの仮想キーボード、iOS14のウィジェットを設定するというコンセプトの動画を投稿しました。
 
デスクの奥にはMacのディスプレイ、手前にはキーボード、右側の照明の上には「天気」、下には「アクティビティ」のウィジェット、そして左奥には「カレンダー」のウィジェットが、ARメガネを通して見たイメージで表示されています。
 
これはあくまでジェスキン氏の想像に基づく動画ですが、なかなか優れた出来栄えのため、多くの「いいね」がつくとともに、大勢の人々にリツイートされています。

https://iphone-mania.jp/news-299621/

2020年07月02日(木)

「Appleメガネ」のイメージ動画、空中をスワイプでアプリ切り替えなど

Appleが開発中と噂されるメガネ型デバイス「Apple Glass」について、これまでに出たリーク情報などを踏まえたイメージ動画が公開されました。

https://iphone-mania.jp/news-299135/

2020年06月30日(火)

iOS14のUIをもとにAppleグラスの「glassOS」のコンセプトを制作

Appleの世界開発者会議WWDC20でiOS14が発表されたばかりですが、最新iOSのユーザーインターフェース(UI)をもとに、Appleが近く発表すると噂のAppleグラスのOS「glassOS(仮称)」のコンセプトが制作されました。

https://iphone-mania.jp/news-298700/

2020年06月29日(月)

Appleメガネはテンプル交換で機能を使い分けるモジュラー構造採用か?

Appleが米国特許商標庁(USPTO)にて取得した特許情報から、Appleメガネテンプル毎に提供する機能が異なるモジュラー構造を採用し、長時間バッテリーモードや、高解像度モードなどを切り替えられるかもしれないと、AppleInsiderが報じています。

https://iphone-mania.jp/news-298530/

2020年06月17日(水)

Appleメガネは視力矯正機能が搭載される?

Appleは、開発中と噂されている「Appleメガネ」関連の新たな特許を取得しました。拡張現実(AR)デバイスに視力矯正機能が搭載される可能性が指摘されています。

https://iphone-mania.jp/news-296195/

2020年06月09日(火)

Appleメガネのコンセプト動画~iGlass OS+LiDAR、5色のフレーム

iConcept PhonesがAppleメガネのコンセプト動画を公開しています。動画中のデバイスは、「専用OSであるiGlass OSを、5色のフレームに搭載し、LiDAR 4.0センサーを活用する」というコンセプトで作られています。

https://iphone-mania.jp/news-294195/

2020年06月08日(月)

メガネなしで使える視力矯正ヘッドセット? アップル申請の特許が公開

2017年5月にアップルが出願した特許が、米国特許商標庁より公開されました。視力矯正レンズやディスプレイ位置の調整により、ユーザーの視力を補正し、眼鏡なしでもヘッドセットを使用できるというものです。

https://www.moguravr.com/apple-patent-3/

2020年05月31日(日)

Appleメガネの新しいコンセプト画像~ジョブズ愛用丸メガネ型は表示面積で不利?

North’s Globe TC(@thenorthsglobe)氏が、Appleメガネのコンセプト画像を公開しました。この画像に描かれたコンセプトモデルは、丸メガネ型のフレームを採用しています。

https://iphone-mania.jp/news-291680/
https://twitter.com/thenorthsglobe/status/1264858505489629184

2020年05月23日(土)まとめニュース 10件

Appleメガネ、フレームは3種を用意、U1もしくはH1チップ搭載か

EverythingAppleProがYouTubeチャンネルを更新し、マックス・ワインバック氏、ジョン・プロッサー氏の情報をもとにしたAppleメガネのレンダリング画像と、最新情報を伝えました。

https://iphone-mania.jp/news-290452/

2020年05月22日(金)

Apple Glassは2022年以降、低価格の新型iPadは2021年上半期までに発売か

TF International Securities(天風国際証券)のアナリストで、Appleに関する予測の正確さで業界で有名なミンチークオ(Ming-Chi Kuo)氏が最新のレポートを発表し、AppleによるAR(拡張現実)グラスの発売は早くても2022年になるだろうとの予測を伝えた。初代「Apple Glass」はおそらく高額な製品になるという。

https://lin.ee/13DFT56el?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=talk

2020年05月21日(木)

Apple Glass、スティーブ・ジョブズ限定モデルを用意か

AppleのARメガネ「Apple Glass」は、スティーブ・ジョブズ特別モデル「Steve Jobs Heritage Edition」が用意される可能性がある。Apple情報を正確にリークしてきたJon Prosser氏が、Cult of Macのポッドキャスト「The CultCast」の中で語った。

https://gori.me/apple/apple-news/127014

2020年05月19日(火)

アップルARメガネ、製品名は「Apple Glass」で価格は約500ドル、度付きレンズも入れられる噂

アップルが開発中と見られているAR(拡張現実)メガネこと「アップルメガネ(仮称)」。その噂がにわかに活発化しているなか、新たに製品名や価格など詳細な情報が伝えられています。

ウワサの発信源は、先日もアップルARメガネが2021年前半に発表と示唆したJon Prosser氏です。同氏はYouTubeにて、次のような追加の噂話を語っています。

https://japanese.engadget.com/appleglass-034006393.html

2020年05月19日(火)

Appleメガネ、今年後半に発表され、2021年末に54,800円で発売か

Appleメガネ2020年第4四半期(10月〜12月)か2021年第1四半期(1月〜3月)のイベントで発表され、その後、499ドル(約54,800円)で発売されるとの予想を、FRONT PAGE TECHのYouTubeチャンネルでジョン・プロッサー氏が伝えました。

https://iphone-mania.jp/news-289784/
よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

管理人・伝道師をやっているだにゃんです。
Apple歴は2000年ぐらいから、
初ガジェットはiPod 20GBから。
iPhoneは日本初モデルiPhone3Gから所持。
現在はiPhone 12 Pro 512GB、iPadPro11 256GB Cellular、iPad mini 6 256GB Cellular、 Apple Watch Series 7 GPS、MacBook Pro 13inch 2020 M1 Touch Bar 1TB、AppleTV 4k 64GB、AirPods Pro 2Gen、beatsX、Beats Solo Pro、Power beats Proを愛用。
どこにいってもApple教を信仰する日々を過ごす。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次