Appleの「噂リーク最新情報」を見たい方は次回『Apple教』と検索ください。Google検索

【2020年新型】Apple シリコン(Silicon)ARM版Mac 最新情報リーク・いつ発売日値段・スペック・デザイン【11/11情報】

Appleシリコン ARM版Mac が2020年秋ごろに登場するかもしれません。
Appleシリコン ARMベースとはiPhone・iPad・HomePod・AppleTVなどに搭載されている「Aシリーズ」のチップをここでは指します。また「Aシリーズチップ」のことを「Appleシリコン」と呼ぶようです。MacBookシリーズ・iMacシリーズ・MacProシリーズでは「Intel」のチップを使っていますが、新しいAppleシリコン ARM ベースのMacでは「自社製品のAシリーズ」チップを搭載されるのではないかと思われています。こちらの情報は2020年02月時点では大きな情報が流れてきていませんが情報が貼り次第追記していこうと思います。

このApple教では噂になっているニュースのまとめやスペックのまとめなどを随時更新していきますので情報をお見逃しなくです。気に入っていただけましたらお気に入り・ブックマークをしていただくか、URLに「AppleKyo.Com」と入れていただきアクセスをすれば情報が手に入ることができるのも「Apple教」の特徴でもあります。

目次

Appleシリコン ARM版Mac 情報まとめ

Appleシリコン ARM版Mac と思われるスペック情報

ARM ベース MacBookと思われるスペック情報
Appleシリコン ARM版Mac と思われるスペック情報
  • 正式発表は2020年WWDCでAppleシリコンと発表がされました
  • 発売は2020年秋以降と予想されています
  • 年内にARM版MacBookが2機種登場するそうです
    具体的には、13インチMacBook ProとMacBook Airと言われてます
  • 1000ドル(10万5000円)からスタートか?(2020年11月10日)
  • 出荷台数は1,000万台〜1,500万台か?(2020年11月10日)
  • AppleシリコンMacBook第一弾はMacBookPro13インチか?
  • Face ID 搭載か?
  • 従来Intel CPUで自社製「Aシリーズチップ」搭載のARMパソコンになる?
  • コードネームはKalamata(カラマタ)か?
  • Boot Campは利用ができないと公式から発表がされました
  • AチップはiPhoneやiPad、HomePod・AppleTVなど幅広く使われている
  • チップのサイズは5nmプロセスのAシリーズチップ(A15?)になるか?
  • 低価格モデルの優位性向上を狙ったものになるのではないかとの見通し
  • Intelも残しつつ、ARM版Macを登場させるという感じでMacは残る
  • ネーミングにMacと言う名前がつかなければタッチ操作もできるかも
  • 12〜13インチのマルチタッチディスプレイとキーボードを備えるか?
  • macOSが動作可能か
  • ARM版になると「MacBook」と「iPad」および「iPhone」との互換性が高まる

Appleシリコン ARM版Mac チェックをしておきたいサイト

Appleシリコン ARM版Mac チェックをしておきたいサイト

Appleシリコン搭載Mac、価格は1,000ドルからスタートか〜価格帯に幅出る

ArmベースMac、続々と登場?まず低価格MacBookに採用とのアナリスト予測

安価な「ARM版Mac」2021年登場か

Silicon(ARM版)と現行のIntel Macの使用者比較

iPhoneHacks(英語サイト)と日本のApple情報サイトiPhone Maniaさん が、 Silicon(ARM版)と現行のIntel Macの使用者診断比較を公開しました。2つのタブにまとめましたのでそれぞれ比較をしてご自身にあったMacを検討されることお勧めします。

  • /iPadOSの互換性やアプリの実行可能が期待できる人
  • 薄くて軽く長いバッテリー駆動モデルが欲しい人
  • 最新版のシステムと低発熱が気にな人
  • 人工知能(AI)におけるパフォーマンスを重視したい人
  • ハードウェアとソフトウェアを重視し高いセキュリティを求める人
  • Silicon版の登場が待てず今すぐに買い替えが必要な人
  • 新型13インチMacBook Pro以外が検討機種である人
  • macOSの最新版がサポートする期間が5年以下でも構わない人
  • 既存のMac環境状態や動作の安定性を重視する人
  • Bootcampを使用してWindows シリーズのOSを使いたい人

Silicon(Intel) Mac Bookのスペック

  • CPU:AppleシリコンはA14Xがベース、またはIntel製も選択可能になるか?
  • RAM:8GB、16GB、32GB
  • SSD:256GB、512GB、1TB、2TB、4TB
  • 拡張性:USB Type-C(USB-C)ポート x 4、Thunderbolt 3ポート x 2または4(一部モデル)
  • キーボード:Magic Keyboard、Touch Bar、Touch ID
  • 価格:1,099ドル(約116,500円)〜
  • 出荷:11月または12月

Appleシリコンを搭載すると噂のある、次期13インチMacBook Proのスペック情報について、リーク情報を発信している人物がツイートしています。12インチMacBookと同じCPUを搭載するものの、冷却ファンを搭載するようです。

https://iphone-mania.jp/news-304710/

どうやら価格は現行のIntel Macより約2万円程安くなるようです。これはMacBookとMacBook Pro共にA14XをベースのSocしたものだそうです。

Appleシリコン ARM版Mac Twitterまとめ

Appleシリコン ARM版Mac ニュースまとめ

2020年07月29日(水)

今すぐ新しいMacを買うべきか、ARMベースのMacまで待つべきか?

最近Appleは、MacのCPUをIntelからARMベースのものに移行する予定だと発表しました。

しかし、ARMへの移行は一度に行われるわけではなく、IntelとARMベースのMacが同時に存在することになるようです。

新しいパソコンを買おうと考えている人は、現在のIntelのMacを買うべきか、それともARMのMacまで待つべきか、どちらがいいのでしょうか?

今回は、それぞれのMacの長所と短所を見ていきましょう。

https://www.lifehacker.jp/2020/07/217170should-you-buy-a-new-mac-right-now-or-wait-for-arm.html

新型MacBook Air、MacBook用らしきバッテリーが認証データに登場?

新型MacBook Air、もしくは新型12インチMacBook用とも考えられるバッテリーが、2つの認証データベースに登録されていると9to5Macが報じています。このバッテリーの容量は49.9Wh、4380mAhです。

https://iphone-mania.jp/news-303732/

Appleシリコン、Face ID搭載の新型iMacが2021年1月~3月に登場?

AppleシリコンFace IDを搭載した新型iMacが2021年1月~3月に登場するとの予想を、TwitterユーザーのKindred(@kc98__)氏が投稿しています。同氏のこれまでのリーク実績や本人自身が本予想について「自信は75%」としていることを考えると、この情報も参考情報程度と捉えたほうが良さそうです。

https://iphone-mania.jp/news-303725/

2020年07月27日(月)

MacでFace IDによる顔認証がそろそろ使えるようになるかも

iPhoneやiPad Proとは違い、Macではパスワードや指紋認証によるロック解除が一般的。しかし最新のmacOS Big Surにて、顔認証に利用されるTureDepth(Face ID)に関する記述が見つかったそうなんです。

9to5Macによると、macOS Big Surのbeta 3には「PearlCamera」というコードが存在していたそう。実はこれ、TrueDepthカメラによるFace IDを使った顔認証に関連するコードなんです。なお、同サイトは「いつMacにFace IDが実装されるのかはわからない」とも伝えています。

https://www.gizmodo.jp/2020/07/mac-face-id-1.html

次期ARMアーキテクチャー「Mac」でウィンドウズは動くのか

米アップルが2020年中にパーソナルコンピューター「Mac」シリーズのCPU(中央演算処理装置)を、現在の米インテル製から自社開発したARMアーキテクチャーの「 Silicon」へ切り替える。仕事で「Mac」シリーズを使用しているユーザーにとって最大の関心事は、ビジネス環境で圧倒的なシェアを持つ米マイクロソフトのウィンドウズが次期「Mac」シリーズでも利用できるかどうかだ。

https://maonline.jp/articles/will_windows_run_on_next_mac200723

2020年07月25日(土)

Face ID対応Macが登場か?~Big Surのソースコードが示唆

9to5Macが、macOS Big Surベータ3のソースコードからTrueDepthカメラを参照するものが見つかったと報じています。同メディアは、このことはFace ID対応Macが登場することを示唆していると伝えています。

https://iphone-mania.jp/news-302990/

2020年07月24日(金)

Appleシリコン搭載Macでは、/iPadOS用アプリを容易に実行可能?

9to5Macが、Appleシリコン搭載MacではiOS/iPadOS用アプリを、互換動作にチェックするだけで実行可能なこと、開発者移行キット(DTK:Developer Transition Kit)でネイティブにGeekbench 5 Proを実行したベンチマークスコアを報告しています。

https://iphone-mania.jp/news-302760/

2020年07月23日(木)

、ARMの買収には興味なし? NVIDIAが買収か?

ソフトバンクが売却を検討しているという傘下の英半導体設計ARM Holdingsについて、ソフトバンクがに買収を打診したようですが同社は興味を示さなかったとBloombergが報じています。ARMの買収先候補として現在、NVIDIAが噂されています。

ビジネスモデルの不一致が原因か

Bloombergによれば、両社はARMの売却・買収に関する事前協議を行ったようですが、Appleは買収に興味を示さなったようです。同メディアはその理由に関し、ライセンス(使用許諾)供与を中心としたARMのビジネスモデルは、他社へのライセンス供与を行わないAppleのビジネスモデルには適さないことを理由の1つにあげています。

https://iphone-mania.jp/news-302604/

2020年07月20日(月)

ARM版MacBookが年内に出るってウワサ。思ったよりはやーい

「Apple Silicon」を搭載したARM版Macへの移行は、2020年末から始まるかもしれません。その先陣を切るのは、ARM版MacBookなのでは、というウワサが流れています。

一致する「年内にARM版MacBookが2機種登場」のウワサ

DigiTimesによると、年内にARM版MacBookが2機種登場するそうです。具体的には、13インチMacBook ProとMacBook Air。今年の第3四半期(7月〜9月)には台湾の部品メーカーからのコンポーネントの出荷が開始されるそう。

https://www.gizmodo.jp/2020/07/arm-macbook-later-2020-rumor.html

2020年07月17日(金)

TSMC、2021年下半期にAppleシリコン搭載Macの生産台数大幅増と期待

Appleサプライヤーの台湾TSMCは、Appleシリコンを搭載した初代Macが登場するのは年内だが、生産台数が大きく増えるのは2021年下半期になると見込んでいるようです。

https://iphone-mania.jp/news-301783/

Apple教コンテンツ

現在はなし

よかったらシェアお願いします

コメント

コメントする

目次
目次
閉じる