Appleの「噂リーク最新情報」を見たい方は次回『Apple教』と検索ください。Google検索

iPhone14(Pro・Max)が欲しい人への最新情報噂リーク・予想いつ発売価格・指紋認証・待つべき理由

この記事は約 9 分で読めます。

2022年に発売されるであろう新型「iPhone 14」の情報がだんだんと集まってきました。

気に入っていただけましたらお気に入り・ブックマークをしていただくか、URLに「AppleKyo.Com」と入れていただきアクセスをすれば情報が手に入ることができるのも「Apple教」の特徴でもあります。


スポンサードリンク
目次

アップデート履歴

  • 2022年06月28日
    • 噂:iPhone 14シリーズの電池容量が判明? 
  • 2022年06月13日
    • iPhone 14 / iPhone 14 Maxの初期在庫は少なる見通し
  • 2022年05月11日
    • iPhone14 Pro用A16が量産開始
    • iPhone14 Proのディスプレイサイズは6.2インチに拡大か?
  • 2022年04月24日
    • iPhone14 Pro用A16が量産開始
  • 2022年04月15日
    • ノッチがなくなりカメラホールはパンチホールに?
    • 非常用衛星通信機能搭載か?
  • 2022年03月29日
    • 本体カラー追記
    • iPhone 14シリーズは799ドルから追記
    • 無印とProモデルではSoCのAチップに差別化か?追記
    • カメラ性能はこうなる!リンク追記
    • 価格はどうなる?追記
  • 2022年02月16日
    • ノッチがなくなりカメラホールはパンチホールに?追記
  • 2022年01月19日
    • 記事追加
      • SoCは4nmプロセスのA16チップ
  • 2022年01月11日
    • カメラ性能はこうなる!追記
    • 生体認証はどうなる?追記
    • Twitter情報4件追記
    • YouTube動画を1件追記
  • 2021年11月05日
    • ノッチがなくなりカメラホールはパンチホールに?追記
    • iPhone14とiPhone14 Proのノッチはこうなる?イメージ画像が公開追記
  • 2021年10月24日
    • ノッチがなくなりカメラホールはパンチホールに?追記
    • カメラ性能はこうなる!追記
  • 2021年09月21日
    • Touch IDは2023年にずれ込む見通し

iPhone 14と思われるスペック情報

2022年モデル新型 iPhone 14と思われるスペック情報

名称

  • ナンバリングとして「iPhone 14」にあたります。
  • iPhone14のネーミング
  • iPhone 14
  • iPhone 14 Max
  • iPhone 14 Pro
  • iPhone 14 Pro Max

予想・予約開始日・発売日

  • 発表は09月12日(第2火曜日)発表と予想
  • 予約は09月16日(第2金曜日)予約開始と予想
  • 販売は09月23日(第3金曜日)発売と予想

ストレージと価格

  • 基本モデル・Max
    128GB・256GB・512GB
  • Pro・ProMax
    128GB・256GB・512GB・1TB

本体サイズ

  • 情報なし

ディスプレイサイズ

  • 有機EL(OLED)
    もしくはマイクロLED
    もしくはミニLED
  • Pro・Pro Maxシリーズ
    Samsung Display製のLTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide:低温多結晶酸化物)を用いた低消費電力の有機EL(OLED)ディスプレイが採用か?
  • Pro・Pro Maxシリーズは高いiPad Proシリーズのようなリフレッシュレートの120Hz対応のProMotionディスプレイになるか?
  • Apple Watch Series 4 / Series 5 / Series 6のようなLTPO技術を採用した常時点灯ディスプレイ採用か?

搭載チップ・メモリー

  • A16 Bionicチップ搭載(TSMC 4nmプロセッサー)
  • メモリー(RAM) 8GB

生体認証

カメラ

  • Pro・Pro Maxには4800万画素の広角カメラが搭載
  • LiDAR Scanner 4.0
  • Pro / Pro Max では被写体と背景を区別する精度が向上してよりキレイに背景をボカせるようになるか

  • IEEE 802.11a
  • IEEE 802.11b
  • IEEE 802.11g
  • IEEE 802.11n(4)<2.4GHz帯,5GHz帯>
  • IEEE 802.11ac(5)<5GHz帯>
  • IEEE 802.11ax(6)<2.4GHz帯,5GHz帯>
    IEEE 802.11ax(Wi-Fi6e)<6GHz帯>
    次世代Wi-Fi規格のWi-Fi 6Eをサポート。

Wi-Fi6eは無線規格の中でも新しい周波数を使っているので期待されます。

本体カラー

  • 基本モデル・Max
    • スターライト
    • ミッドナイト
    • PRODUCT RED
    • 2023年春に新色

その他全部で7色になるかも

  • Pro・ProMax
    • シルバー
    • グラファイト
    • ゴールド
    • 新色ローズゴールド
    • 2023年春に新色

充電・ポート

  • MagSafeマグセーフ)充電採用

ノッチ

ノッチがなくなりダブルパンチホールになるか?


スポンサードリンク

各携帯キャリア予約状況


スポンサードリンク

噂されている内容とは

今現在情報が分かっている(リーク・噂を含む)ものをまとめてみました。本体サイズは基本的にiPhone12シリーズと同様のものになると思われます。
ノッチの小型化、iPad Proなみの最新のリフレッシュレート対応で120Hzぬるぬるディスプレイ、Face IDと指紋認証のダブル生体認証などが期待されています。i

2022年モデルのiPhoneの名前の候補 iPhone14

ナンバリングは13ではなく14に

2022年モデルのiPhoneの名前の候補はiPhone14です。

mini モデルは廃止に?基本モデルにMaxシリーズが追加

miniモデルが廃止になりMaxモデルが基本モデルとProモデルに展開される

iPhone14ではminiモデルは廃止になるのではないかと言われています。
その代わりにProモデルにしかないMaxサイズが、基本モデルに追加されるのではないかとのことです。名前的にはiPhone 14 Maxとなるようです。これならMaxのサイズが欲しいという人でも、Proモデルを買わなくても大きなMaxサイズを手に入れやすくなるとのことです

iPhone 14シリーズは799ドルから

円安なのでiPhone13の時よりは高くなるかも

Phone 14: 799ドル
iPhone 14 Max :899 ドル
iPhone 14 Pro :1099ドル 
iPhone 14 Pro Max :1199ドル 
になるのではないかと言われています。
ProモデルとPro Maxモデルの価格も上昇すると考えられていて、
iPhone 13 Proでは999ドルだったのがiPhone 14 Proでは1099ドルに、
iPhone 13 Pro Maxでは1099ドルだったのがiPhone 14 Pro Maxでは1199ドルに置き換えられ、それぞれ100ドルの値上げとなるのではと言われています。

iPhone 14 / iPhone 14 Maxの初期在庫は少なる見通し

AppleはiPhone14とiPhone14 Maxの初期在庫数を引き下げるとの予想されるようです。
と言うのもiPhone14・iPhone 14 MaxのSoCはiPhone 13と同じ
A15 Bionicチップが搭載されることで消費者からの人気が集まらないであろうとという懸念材料のようです。
最新のチップであるA16 Bionic チップではiPhone 14 Pro/ iPhone 14 Pro Maxに搭載されるとのことです。

iPhone14 Pro用A16が量産開始

iPhone14 Proシリーズ用A16はTSMCの4nmプロセス「N4P」で製造されており、少数ながら出荷が始まっているようです。iPhone14 ProシリーズにはA16が搭載されるとのことですが、iPhone14・iPhone14 Maxでは引き続きA15 Bionicが搭載されるのではないかと言われています。

無印とProモデルではSoCのAチップに差別化か?

従来は無印もProモデルも同じチップを使用していたが今年は違うかも?

複数のリーク情報ではiPhone 14とiPhone 14 Maxは、iPhone 13シリーズのA15チップを再利用する予定だと伝えられている。AppleがA15チップの中身を変えずにA16と呼び無事で、iPhone 14 Proモデルに搭載するチップをA16 Proと呼ぶことになるのではないかと言われている。A16チップではCPUコア数は2つと高性能コアが4つの高効率コアを組み合わせた6コアになる予定。16コア以上のニューラルエンジンを搭載し、GPUコア数は4コアと5コアの2種類があると言われています。

本体のサイズとカラーそして生体認証はどうなる?

本体サイズ

iPhone13とさほど変わらない

本体サイズやデザイはiPhone12とさほど変わらないと言われています。iPhone12から続いてきたminiモデルは2021年で廃止されるのではないかと言われています。その代わりProモデルの大きなサイズとして大人気のMaxが、基本シリーズにも現れるのでないかと言われています。
この場合「iPhone 14 Max」となるようです。ラインナップとしては「iPhone14・iPhone14 Max・iPhone 14 Pro・iPhone 14 Pro Max」となるようです。

6.7インチディスプレイを搭載するベースモデルの名称が、iPhone14 Maxか、ただのiPhone Maxになるのかもしれないとリーカーのジョン・プロッサー氏のブログに書いたようです。

本体カラー

2022年もカラーに入れ替えは例年通りあります

基本モデルとMaxは7色展開ぐらいになるかと思われています。これは例年のラインナップからも予想されています。

Proモデル・Pro Maxモデルについては例年通り4色展開も「シルバー・ブラック・ゴールド」は例年通り変わらないと思います。ここに1色もしくは2色の追加カラーが予想されます。

SoCは4nmプロセスのA16チップ

SoCは4nmプロセスのA16チップ

iPhone14のSoCは4nmプロセスのA16チップで設計が完了したとのことです。
A16 Bionicは6コアCPUを搭載することでWi-Fi 6Eに対応する見通しとのことです。

噂:iPhone 14シリーズの電池容量が判明? 

iPhone 14 Pro Maxのバッテリー持ちについて、容量が微減しながら駆動時間が2時間10分増加するだろうとのこと。

 無印miniProPro MaxMax?
iPhone 143279mAh3200mAh4323mAh4325mAh
iPhone 133227mAh2406mAh3095mAh4352mAh
iPhone 122815mAh2227mAh2815mAh3687mAh

iPhone14とiPhone14 MaxへのProMotion導入は見送り

ProMotion導入は?iPhone14 ProとiPhone14 ProMaxのみか?

ディスプレイのProMotion導入はiPhone14とiPhone14 Maxへは見送りになり、iPhone13同様ProMotion導入はiPhone14 ProとiPhone14 ProMaxのみとなる見通しです。
理由は十分な数のディスプレイパネルを用意できないことだそうです。

iPhone14 Proのディスプレイサイズは6.2インチに拡大か?

iPhone14 ProのディスプレイサイズはiPhone13 Proと同じ6.06インチとの予想に対し、もう少し大きいとの意見を言っているとのこと。iPhone14 Proシリーズはディスプレイの縦幅が長くなるため、iPhone14 Proは6.2インチ、iPhone14 Pro Maxは6.8インチへと、iPhone13 Proシリーズと比べてそれぞれ0.1インチ(表示上の数値)大きくなると噂されているとのことです。

カメラ性能はこうなる!

カメラの性能がアップします

Pro・Pro Maxについては両モデルについてミンチー・クオ氏は、Proシリーズのみ4800万画素の広角カメラが搭載されるだろうと予測しています。2022年発売されるiPhone用のペリスコープレンズ搭載カメラの開発をLG Innotekが開始したとのことです。

iPhone14シリーズのリアカメラについて同氏は、iPhone14とiPhone14 Maxのリアカメラは2眼でLiDARスキャナは非搭載、iPhone14 Proシリーズのリアカメラは広角カメラが4,800万画素になるのではなく、3つのカメラの画素数をあわせると4,800万画素になると説明しています。
 
その情報が正しければ、例えば、広角が2,400万画素で、超広角と望遠が1,200万画素ということになりそうです。

iPhone14シリーズは4モデル全てでフロントカメラが改良されるとアナリストのミンチー・クオ氏が予想で、フロントカメラがオートフォーカスに対応、レンズのf値がf1.9になるとのことです。「自撮りとポートレートモードにおいて被写界深度の浅い、「よりボケ味のある写真が撮影可能」になる、「オートフォーカス搭載により動画撮影時の焦点が鮮明」になるとものべています

iPhone14 Proの新たなコンセプト画像が公開されました。今までのiPhoneはカメラレンズが飛び出ていましたがコンセプト画像ではカメラ突起が背面と一体化しています。

スペックも上がるので2022年モデルのiPhoneを待つべき理由

2022年モデル発売まで9ヶ月を切りました。
今iPhoneを買うなら2022年の新型iPhone14を待つべきだと思います。
いますぐにiPhone13が欲しい!壊れたのですぐにiPhoneが必要という方以外は、
スペックも上がる2022年モデルのiPhone14を待ったほうがいいと思います

生体認証はどうなる?

Touch ID復活は2022年モデルもしくは2023年モデルから搭載か?

2021年モデルのiPhoneからTouch IDが復活との噂がありましたが、2021年06月24日の情報によると、2022年モデルのiPhone(Pro/Pro Max) に、画面に指紋認証用のTouch IDセンサーが埋め込まれるのではないかApple関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏が発表したそうです。

コロナ禍でマスクをつける人が増えた中Face IDが不便と言われることが多々増えました。AppleとしてもTouch IDの利便性は認識はしている模様です。そんな中Touch IDの復活噂が再登場してきました。ただこのTouch IDの復活にも2種類の方法があります。

  1. Touch ID内蔵電源ボタン
    2020年10月に発売された「iPad Air 4」では「Touch ID内蔵電源ボタン」が復活をは果たしました。もしかしてこの方式が採用されるのかもしれません。
  2. Touch ID埋め込み型ディスプレイ
    これは2020年09月米国特許商標庁(USPTO)においてTouch ID埋め込み型の特許を取得したそうです。この方式では赤外線認識方式を採用するものかと思われていましたが、2021年02月のニュースでは赤外線認識方式でも光学式指紋認証センサーから、新設計の超音波式指紋認証センサーに変更がされたかもしれないとのこと。

実際にはディスプレイ指紋埋め込みが濃厚だそうですが、一方iPhone14にはTouch IDが搭載されないという見通も出てきました。情報網によるとアナリストのミンチー・クオ氏が投資家向けレポートでディスプレイ下埋込み型指紋認証Touch IDは2023年にずれ込む見通しとのことです。

ノッチがなくなりカメラホールはパンチホールに?

iPhone14ではノッチがなくなり横長のパンチホールディスプレイ搭載になるかも?
何故横長かと言うとFace ID搭載のため横長デザインになるのではないかとのこと。
LG Displayがディスプレイ下埋込み型カメラの画質向上を目指し開発か?
下のイメージ画像はコンセプトデザイナーのKonstantin Milenin氏(@mi_konstantin)が作ったもので、このようになるのでは無いかというイメージ画像です。

非常用衛星通信機能搭載か?

Bloombergが、iPhone14シリーズには、衛星通信を利用した、非常時におけるメッセージ/SMS送信機能が搭載される可能性があると報じました。

価格はどうなる?

スクロールできます
2021年iPhone 13実売価格2022年iPhone 14価格予想
iPhone mini(5.4インチ)$699 / ¥82,280円販売なしと予測
iPhone(6.1インチ)$799 / ¥94,380円$799
iPhone Max(6.7インチ)販売なし$899 /
iPhone Pro(6.1インチ)$999 / ¥117,480円$1099
iPhone Pro Max(6.7インチ)$1099 / ¥129,580円$1199

バッテリー容量

スクロールできます
2021年モデルバッテリー容量2022年モデルバッテリー容量
iPhone 13 mini2,406mAh(+8%)
iPhone 133,095mAh(+9.9%)iPhone 14
iPhone 14 Max
iPhone 13 Pro3,095mAh(+9.9%)iPhone 14 Pro
iPhone 13 Pro Max4,352mAh(+18%)iPhone 14 Pro Max
参考:携帯総合研究所

発表・予約・発売日の予想

例年通りの予想ですがこうなるかと思います。

  • 発表は2022年09月13日(JST)発表と予想
    • 予約は2022年09月16日(JST)予約開始と予想
      • 販売は2022年09月23日(JST)発売と予想

新型 iPhone 14予想スペック表(噂情報)

スクロールできます
シリーズサイズ生体認証
基本モデル6.1 inchOLEDFace ID
Touch ID
基本モデル Max6.7 inchOLEDFace ID
Touch ID
Pro6.1 inchOLEDFace ID
Touch ID
Pro Max6.7 inchOLEDFace ID
Touch ID

ニュース

iPhone14シリーズにストレージ容量2TBモデル追加はない〜プロッサー氏

https://iphone-mania.jp/news-408505/

ノッチがなくなりダブルパンチホールディスプレイになるかも

https://iphone-mania.jp/news-405942/

4つのカラーのiPhone14のコンセプトデザイン

https://iphone-mania.jp/news-405003/

iPhone14シリーズでTouch ID復活か、ディスプレイの詳細情報が投稿

https://iphone-mania.jp/news-396994/

iPhone14がデザイン完全刷新〜ノッチ廃止、背面パネルはフラット、チタン筐体採用

https://iphone-mania.jp/news-396927/

スポンサードリンク

iPhone 14 (2022年モデル) 噂画像まとめ

iPhone 14 (2022年モデル) 噂・動画まとめ

YouTube

2021.01.11

2021.10.10

2021.09.09

2021.05.21 Introducing iPhone 14 — Apple

2021.03.03 iPhone 13/14/15 Roadmap Leaked! ULTRA Is Coming…

iPhone 13/14/15ロードマップがリークされました! ULTRAが来ています…

Twitter


スポンサードリンク

iPhone14 Proのディスプレイサイズは6.2インチに拡大か?

iPhone14シリーズがフロントカメラを改良し、自撮り写真画質向上と予想〜クオ氏

04/15 iPhone14 Proのフロントカメラとベゼル幅の予想値を13 Proと比較

01/11 Touch IDは延期になるかも?

01/11 iPhone 14 Proでは楕円形のパンチホールカメラを採用か?

パンチホールディスプレイ搭載iPhone14 Proのコンセプト画像が公開

01/11 Face IDはディスプレイ下埋め込み型に

https://twitter.com/dylandkt/status/1479110144088686604

01/11 Face ID用カメラはカプセル剤型に

より現実味のあるiPhone14 Proのコンセプト画像が公開

iPhone14 Proのイメージ画像〜カメラレンズが背面パネルと同一面になる?

iPhone14 Proコンセプト画像(カメラ突起が背面と一体化)

iPhone14とiPhone14 Proのノッチはこうなる?イメージ画像が公開

ノッチがなくなりダウルパンチホールが採用か?

コンセプト画像:「シルバー」「ゴールド」「ローズ」「ブルーペトロール」「PRODACT RED」


スポンサードリンク

最新ニュース

2021.06.24 iPhone14 Maxが2022年に約98,800円で発売か〜機種名を予想

2021.06.24 2022年のiPhoneは画面にTouch IDを内蔵か、著名アナリストが予測

この記事が役に立ちましたら評価をお願いします

Apple教はApple信者のために役立つ無料情報サイトです。
ここまでの情報が役に立った方はモチベーションを上げるために、こちらの記事のシェアやいいねボタンを押してくれるとやる気が出ます。最高に嬉しいのは皆さんからコメントをいただけることなので一言でも感想や質問などコメントをいただけると凄く嬉しいです。

ハッシュタグ

#iPhone14
#iPhone14Max
#iPhone14Pro
#iPhone14ProMax

Appleの最新情報のことなら「Apple教のトップページ」にアクセス

毎週新しい情報が掲載されるApple教。アクセスをするなら「Apple教」と入力をしてアクセスをしてください。トップページは下記のページにあります。

よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
目次
閉じる