ARM版MacBook(Appleシリコン) ARMベース版Mac噂最新情報 いつ発売日・デザイン・スペック【07/02更新】

macOS
macOS Appleコンセプト・噂 ハードウェア情報 OS情報 Apple製品紹介 製品紹介 Apple製品アップデート Mac Apple製品ニュース
この記事は約27分で読めます。

ARM ベース MacBook が2021年ごろに登場するかもしれません。
ARM ベースとはiPhone・iPad・HomePod・AppleTVなどに搭載されている「Aシリーズ」のチップをここでは指します。また「Aシリーズチップ」のことを「Apple Silicon」と呼ぶようです。MacBookシリーズ・iMacシリーズ・MacProシリーズでは「Intel」のチップを使っていますが、新しいARM ベースのMacでは「自社製品のAシリーズ」チップを搭載されるのではないかと思われています。こちらの情報は2020年02月時点では大きな情報が流れてきていませんが情報が貼り次第追記していこうと思います。

このApple教では噂になっているニュースのまとめやスペックのまとめなどを随時更新していきますので情報をお見逃しなくです。気に入っていただけましたらお気に入り・ブックマークをしていただくか、URLに「AppleKyo.Com」と入れていただきアクセスをすれば情報が手に入ることができるのも「Apple教」の特徴でもあります。

目次

広告

情報まとめ

ARM ベースMacBookと思われるスペック情報

ARM ベース MacBookと思われるスペック情報
ARM ベース MacBook と思われるスペック情報
  • 正式発表は2020年WWDCでAppleシリコンと発表
  • 発売は2020年秋以降か?
  • 従来Intel CPUで自社製「Aシリーズチップ」搭載のARMパソコンになる?
  • コードネームはKalamata(カラマタ)か?
  • Boot Campは利用ができないか?Windows10を利用できないか?
  • AチップはiPhoneやiPad、HomePod・AppleTVなど幅広く使われている
  • チップのサイズは5nmプロセスのAシリーズチップ(A15?)になるか?
  • 低価格モデルの優位性向上を狙ったものになるのではないかとの見通し
  • Intelも残しつつ、ARM版Macを登場させるという感じでMacは残る
  • ネーミングにMacと言う名前がつかなければタッチ操作もできるかも
  • 12〜13インチのマルチタッチディスプレイとキーボードを備えるか?
  • macOSが動作可能か
  • ARM版になると「MacBook」と「iPad」および「iPhone」との互換性が高まる
広告

チェックをしておきたいサイト

広告

Twitterまとめ

広告

ニュースまとめ

2020年07月02日(木)まとめニュース 12件

ARM版MacはMacBook Pro&iMacとの調査結果

アップルが2020年内に発売すると発表したApple Siliconを搭載した初めてのMacは、13.3インチMacBook Proと新型iMacになる。アップル関連の著名アナリスト、ミンチー・クオ氏がその予測を発表した。

https://ascii.jp/elem/000/004/018/4018162/

2020年07月01日(水)

Apple Silicon搭載Macでは、macOSリカバリープロセスも変更される?

Apple Silicon搭載Macでは、iPhoneやiPadで提供されているセキュアブートに基づき改良されたmacOSリカバリ機能を利用できると、Wccftechが伝えています。

https://iphone-mania.jp/news-298892/

ARM版Macの第1弾はMacBook 12インチ?

アップルが2020年内に発売すると発表したApple Siliconを搭載した初めてのMacは、MacBook 12インチかもしれない。著名リーカーのFudge氏が発表していた予測を紹介する。

https://ascii.jp/elem/000/004/018/4018159/

2020年06月30日(火)

“脱インテル”の道を歩むアップルは、Macをまったく新しい製品へと生まれ変わらせる

何度も何度も繰り返し噂されてきたことだが、アップルがMacにおけるインテル製チップへの依存から脱却することを正式に発表した。代わりに、すでにiPhoneやiPadで実績のある独自のARMベースのプロセッサーが、アップルのコンピューティングにおける“未来の頭脳”となる。

https://lin.ee/Kadhsl4?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=talk

ARMチップ搭載Apple開発者向け移行キットのベンチマークスコアが登場

Appleシリコン搭載Mac向けアプリの開発を行えるよう、Appleが開発者向けに配布している開発者移行キット(Developer Transition Kit)のベンチマークスコアが、Geekbench上に登場しました。

https://iphone-mania.jp/news-298646/

Apple Silicon、A12Zを搭載したDTKが開発者のもとに到着

Apple Silicon、A12Zを、Mac miniの筐体に搭載したDeveloper Transition Kits(DTK)が開発者のもとに到着し始めているようです。

https://iphone-mania.jp/news-298624/

2020年06月29日(月)

アップルのARM版Macは「Boot Camp」に対応せず。Windows 10は利用できない

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

https://kakakumag.com/pc-smartphone/?id=15621

2020年06月24日(水)

ParallelsがARMアーキテクチャ搭載Macに仮想環境を提供へ、ARM on ARMのWin環境が現実的か

macOS上でx64(x86)版のWindowsやLinuxなど利用可能にするホスト型の仮想環境「Parallels Desktop」などを開発・販売しているParallelsは、WWDC20のアップルの発表を受け、アップルと協力してARMアーキテクチャを採用するApple Silicon搭載Macにも仮想環境を提供する計画であることを明らかにした。

https://jp.techcrunch.com/2020/06/24/parallels-supports-for-apple-siicon/

ArmベースMacではWindows仮想化アプリは(現状では)動かないことが明らかに

アップルはMacの独自チップ「Apple Silicon」移行計画の発表にともない、従来のx86向けアプリでもインストール時およびJIT(実行時)変換して動かせるRosetta(通称Rosetta2)も公表しています。これはかつて、PowerPCからIntel製プロセッサへの移行時に提供したRosettaの復活でもあります。

https://japanese.engadget.com/armmac-vm-030053707.html

ArmベースMacではWindows仮想化アプリは(現状では)動かないことが明らかに

アップルはMacの独自チップ「Apple Silicon」移行計画の発表にともない、従来のx86向けアプリでもインストール時およびJIT(実行時)変換して動かせるRosetta(通称Rosetta2)も公表しています。これはかつて、PowerPCからIntel製プロセッサへの移行時に提供したRosettaの復活でもあります。

https://japanese.engadget.com/armmac-vm-030053707.html

Apple Silicon、A12Z搭載DTKとMac miniを比較

AppleInsiderが、Apple Siliconを搭載した開発者移行キット(DTK:Developer Transition Kit)と、同じ筐体を使用するMac miniを比較しています。

https://iphone-mania.jp/news-297876/

Apple Siliconへの開発者移行キットを500ドルで貸し出し〜A12Z搭載機

Appleは、Apple Siliconへの円滑な移行を目的とし、開発者に対して開発者移行キット(DTK:Developer Transition Kit)を提供します。DTKはApple SiliconとしてA12Z Bionicを搭載しています。

https://iphone-mania.jp/news-297809/

2020年06月23日(火)

アップルのARMベースMacは旧アプリをエミュレート、iOSアプリも動かせる

Apple(アップル)はMacの大きな方向転換を発表した。同社は将来、Intel製CPUをARMアーキテクチャーに基づくアップル独自のチップに置き換える。デベロッパーや特殊なエンタープライズアプリを動かしている人なら、今後どうなっていくのか気になることがたくさんあるだろう。

https://jp.techcrunch.com/2020/06/23/2020-06-22-apple-will-let-you-emulate-old-apps-and-run-ios-apps-on-arm-macs/

Apple、MacにAppleシリコンを搭載することを発表 – Apple (日本)

カリフォルニア州クパティーノ — Macにとって歴史的な日となった本日、Appleは、業界をリードするパフォーマンスとパワフルな新しいテクノロジーをもたらす、世界トップクラスの自社製シリコンをMacに搭載することを発表しました。デベロッパは今すぐアプリケーションの更新を開始し、MacのAppleシリコンが持つ先進的な能力を活用することができます。この移行によって、すべてのApple製品に共通するアーキテクチャが確立されることにもなり、デベロッパはAppleのエコシステム全体に最適化したアプリケーションをはるかに簡単に開発できるようになります。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/06/apple-announces-mac-transition-to-apple-silicon/

【WWDC20】iOS14など次期OS、Apple独自設計チップも!発表内容まとめ

Appleは、現地時間6月22日(日本時間23日)に開幕した2020年の世界開発者会議(WWDC 2020)基調講演において、次期バージョンとなるiOS14、iPadOS14、macOS Big Sur、watchOS 7、tvOS 14を発表しました。

 

ハードウェア新製品の発表はありませんでしたが、Apple独自設計のMac用チップ「Apple Silicon」が発表されました。

 

各次期OSはそれぞれ、開発者向けには同日よりベータ版の提供を開始し、パブリックベータ版は7月に、正式版は2020年秋のリリース予定としています。

https://iphone-mania.jp/news-297291/

ARMベースMacへの移行準備?Apple、日本等で「Rosetta」の商標出願

Appleが、「Apple Rosetta(ロゼッタ)」の商標を日本で出願していることが分かりました。海外でも同時期に出願した商標は既に登録されており、ARMベースMacの登場を示唆している可能性があります。

https://iphone-mania.jp/news-297270/

2020年06月22日(月)まとめニュース 09件

WWDC 2020でARMベースMac発表、2モデルが2020年秋以降に発売か

Appleが世界開発者会議(WWDC 2020)で、ARMベースのプロセッサ を搭載したMacを発表し、2020年末から2021年初頭にかけて発売する、との予測を著名アナリストのミンチー・クオ氏が発表しました。

https://iphone-mania.jp/news-297142/

2020年06月21日(日)

Apple WWDCに要注目!App Store問題とARM搭載Mac発表で

米大手メディアのBloombergは、Appleが6月22日(日本時間6月23日未明)から開催する世界開発者会議(WWDC 2020)で波乱が起きるのでは、と報じています。

 

AppleはWWDC 2020でARM搭載Macを発表すると予想されている一方で、App Storeに関してサードパーティーの開発者から過去最大の反発が起きており、独占禁止法に関する調査が開始されるなど、Appleの動向に注目が集まっています。

https://iphone-mania.jp/news-296939/

2020年06月17日(水)

ARMへの移行に2年間、最終的にARM-Server CPUも検討中?

IntelプロセッサからARMプロセッサへの移行は、今後2年間かけてデスクトップ、ラップトップで行われ、開発中のサーバー用プロセッサが登場する可能性もあると、有没有搞措(@L0vetodream)氏が伝えています。

https://iphone-mania.jp/news-296247/

2020年06月14日(日)

ARMbookでバタフライキーボード復活か?Boot Campは非対応の可能性も

ARMプロセッサ搭載MacBookは、改良型バタフライキーボードを搭載して登場する可能性があるとの予想が伝えられました。また、同製品用Boot Campは、最初から対応するのは難しいようです。

https://iphone-mania.jp/news-295195/

2020年06月13日(土)

AppleデバイスのARM完全移行は2025年か!?~移行は4段階にわけて進むと解説

著名リーカーのFudge(@choco_bit)氏が、Redditにて、AppleデバイスのARM完全移行のロードマップを4段階にわけて予想・解説しています。同氏は、ARMアーキテクチャへの完全移行は2025年に完了すると予想しています。

https://iphone-mania.jp/news-295125/

2020年06月11日(木)

「iPhone12」とARM搭載Macらしき製品情報、EECデータベースに登場

EECは、暗号化通信を行う製品について、発売前に製品情報の登録を義務付けているため、これまでもたびたび、Apple製品が発売の数週間〜数カ月前に登録されています。

 

インドメディアMySmartPriceは、EECのデータベースに「Appleブランドのスマートフォン」として、 A2176、A2172、A2341、A2342、A2399、A2403、A2407、A2408、A2411の9モデルが掲載されていると報じています。

 

いずれも、OSのバージョンはiOS13と記載されています。

https://iphone-mania.jp/news-294712/

2020年06月09日(火)

Apple、WWDC 2020で、ARM搭載Macへの移行計画を発表か

Appleは、6月22日にオンラインで開催するWWDC 2020で、MacARMプロセッサへの移行計画発表する準備をすすめているようです。ブルームバーグの記者マーク・ガーマン氏が詳細を報じています。

https://iphone-mania.jp/news-294240/

A14Z搭載MacBookの空想HP~公式ページの再現度と、スペック詳細に驚きの声

著名リーカーに用いられる高品質レンダリング画像で話題を提供してきたNorth’s Globe TC(@thenorthsglobe)氏が、A14Z搭載MacBookがもし発売されたらこうなるのでは、との同製品公式ページを模したレンダリング画像を公開しました。

https://iphone-mania.jp/news-294153/

2020年06月08日(月)

A14Xよりも高性能なA14Zが開発済みで、それを搭載したMacBookが登場?

現在のところ、有没有搞措(@L0vetodream)氏の伝えたCPUとは、開発中と噂の、「ARM搭載MacBook」に搭載されるであろうCPUのことだとする意見が大勢で、話題は既にこのCPUの名称は何になるのかという点に移っています。

https://iphone-mania.jp/news-293780/

2020年06月05日(金)

ARMベースMacBookの第一弾が早くも今年後半に登場か (Ubergizmo Japan) – LINE NEW

数年前から、Appleが同社のラップトップを将来的にARMベースに移行すると噂されてきましたが、その未来はすぐそこまで来ているようです。最近のiPhoneHacksからの報告によれば、AppleのARMベースラップトップの第一弾が今年の後半にも登場するかもしれません。

https://lin.ee/OXuTj1R?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=tal

2020年05月29日(金)

ARM搭載MacBookは、思っているよりも早く登場するとの予想

このところ、Appleの新製品に関する予想を立て続けに伝えているFudge(@choco_bit)氏がTwitterに、「我々の期待よりも早く、ARM搭載MacBookが登場するかもしれない」との予想を投稿しました。

https://iphone-mania.jp/news-291553/

2020年05月21日(木)

新型登場が噂されるiMac、Magic Trackpad 3を備えたコンセプト動画

新型登場が噂されるiMacの、コンセプト動画が公開されました。このコンセプトモデルは28インチディスプレイを備え、特許取得の情報もあったMagic Trachpad 3と連携するというコンセプトで作られています。

https://iphone-mania.jp/news-290284/

2020年05月18日(月)

ARM搭載MacBookは、約64,800円〜97,800円で登場か!?

12インチMacBook後継モデルは、ARMプロセッサを搭載したMacBook 「SE」のような位置づけの製品として、ChromebookやSurface Pro Xに対抗する、約64,800円〜97,800円で登場するのではないかとの予想を、Tom’s Guideが伝えています。

https://iphone-mania.jp/news-289493/

2020年05月07日(木)

次世代のMacBookでは「折り曲がる」ヒンジを採用? (Ubergizmo Japan) – LINE NEWS

ノートパソコンのデザインに関して、多くの場合、実際に目に見える範囲のものを重視します。そのため、デザイナーは筐体の素材であったり、薄さ、丸みを帯びた角といったことに焦点を当てます。しかし、ヒンジに関してはあまり注目を浴びることはありません。

しかし、AppleInsiderによると、新たに見つかった特許から、同社は折り曲げられるヒンジを模索している可能性があるようです。上の図から分かるように、同社は単一の素材でできたヒンジをMacBookに搭載することを検討しているようです。

https://lin.ee/4OY6JLEoQ?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=talk

2020年05月02日(土)

アップル独自12コアCPU搭載Mac発売か

同紙は関係者からの話として、アップルはiPhoneの「A14」プロセッサをベースにした3つのMac向けプロセッサーを開発していると伝えている。

 そのうち1つはiPhoneやiPadに搭載されるプロセッサよりもはるかに高速であり、最初のMac向けプロセッサーは8つの高性能コアと、4つの電力効率の良いコアの計12コアを備えているとのこと。

https://ascii.jp/elem/000/004/011/4011719/

2020年04月23日(木)

ARMチップのMacが2021年に登場か

今年発売が期待されているiPhone12シリーズに搭載見込みのA14チップをもとに、Appleが自社製システム・オン・チップを開発していることが明らかになりました。
 
Apple社内のコードネーム「Kalamata」のチップ開発チームは、すでに複数のチップの開発を行っており、現在Macモデルにチップを供給しているIntelからの離脱が今後さらに進む見通しです。

https://iphone-mania.jp/news-285050/

2020年04月20日(月)

MacBook 12インチARMモデル、ディスプレイ埋め込み型指紋認証iPad!?

MacBook 12インチ ARMプロセッサ搭載モデル、iPad Air ディスプレイ埋め込み型指紋認証モデルなど、18製品ものリーク情報がTwitterに投稿されていたようです。

新型AirPodsのコードネームも予想していた

Appleが開発中の製品のリーク情報を伝えていたのは、「有没有搞措」(@L0vetodream)氏です。同氏はジョン・プロッサー氏のTwitterに、「新型AirPodsのコードネームはB288aです」との情報も投稿していました。

https://iphone-mania.jp/news-284295/

2020年03月29日(日)

ArmベースMac、続々と登場?まず低価格MacBookに採用とのアナリスト予測

アップル独自開発のArmベースプロセッサを搭載したMacが準備中との噂はたびたび報じられており、先月も2021年前半に登場との予測が伝えられたばかりです。

そんななか、2021年以降にアップルが「積極的なプロセッサ交換戦略」を採用し、デスクトップ版を含めて多くのMacがArmに移行するとのアナリスト予測が報じられています。アップルのインサイダー情報で知られるアナリストMing-Chi Kuo氏は、新たな研究ノートを発表。それによるとArmプロセッサへの移行はローエンドのラップトップフォームファクタ(MacBook Airなど低価格デバイス)から始まり、徐々にラインアップを広げるとのことです。

https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-27-arm-mac-macbook.html

2020年03月27日(金)

ARMベースのMacは2021年発売、2022年にはUSB4対応と著名アナリスト

ARMベースのMacが2021年中に発売され、2022年のMacでは次世代規格USB4に対応する、との予測を著名アナリストのミンチー・クオ氏が公表しました。

Intelに左右されずMacの製品計画が可能に

Appleは、MacARMベースに切り替えることで、Macの性能向上が見込めるだけでなく、IntelのCPU出荷に影響されずに製品計画を立てることができ、プロセッサの調達コストを40%〜60%程度引き下げることができる、とミンチー・クオ氏は述べています。

https://iphone-mania.jp/news-280658/

2020年03月16日(火)

iPhone12に搭載見込みのA14チップのベンチマークスコアはiPad Pro並み?

A14チップのGeekBench 4、5のスコアが流出

リークされたA14チップのGeekBench 4のスコアによれば、クロック数は3.1GHzに達し、A13の2.7GHzよりも400MHz高い結果になったとのことです。
 
また、A14のGeekBench 5のベンチマークスコアは、シングルコアで1,658ポイントマルチコアで4,612ポイント(下の画像右側)に到達したと伝えられています。
 
A13がシングルコアで1,329ポイント、マルチコアで3,468ポイントだったのに比べると、A14のシングルコアのパフォーマンスは25%増マルチコアのパフォーマンスは33%増となる計算になります。

https://iphone-mania.jp/news-278730/

将来のiPhoneは覗き見対策機能を搭載?ユーザーの視線検知で情報保護

将来リリースされるiPhoneやiPadではプライバシー保護のため、ユーザーの視線を認識することで、スクリーン上の個人情報をデバイスを操作している当人しか判読できない仕組みを開発していることが分かりました。

https://iphone-mania.jp/news-278675/

2020年03月15日(日)

将来のiPhoneは覗き見対策機能を搭載?ユーザーの視線検知で情報保護

将来リリースされるiPhoneやiPadではプライバシー保護のため、ユーザーの視線を認識することで、スクリーン上の個人情報をデバイスを操作している当人しか判読できない仕組みを開発していることが分かりました。

https://iphone-mania.jp/news-278675/

2020年03月12日(木)

Apple、早ければ2020年10月〜12月にARMチップ搭載MacBookを発売

これまではモバイル端末向けに主に搭載されてきたARMアーキテクチャベースのチップが、Macに近々採用されるとの噂が飛び交って久しいですが、早ければ2020年第4四半期(10月〜12月)から2021年第1四半期(1月〜3月)にもARMチップ搭載MacBookが発売される、とAppleサプライチェーンに独自の情報筋を持つ著名アナリストのミンチー・クオ氏が予測しています。

https://lin.ee/vDIdORh?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=talk

2020年02月26日(水)

安価な「ARM版Mac」2021年登場か

2020年02月25日(火)

アップル、自社開発プロセッサー搭載「Mac」投入は2021年にずれ込みか

Apple教コンテンツ

現在はなし

この記事を書いた人

だんやん
だんやん管理人・伝道師
管理人・伝道師をやっているだんやんです。
Apple歴は15年ぐらい初ガジェットはiPod nano第一世代から。
iPhoneは日本初モデルiPhone3Gから所持。
現在はiPhone XR、iPadPro11、AW5、MacBook Pro 13inch 2016 Touch Bar、AppleTV4k、AirPods Pro、beatsX、Beats Solo Pro、Power beats Proを愛用。
どこにいってもApple教を信仰する日々を過ごす。

★ このページのレビューにご協力をお願いします★

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った役に立たなかった0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
★ このページのレビュー★

★ このページのレビューにご協力をお願いします★

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
広告
この情報をあなたが広めるためにシェアをする
だんやんをフォローする
広告
【Apple情報】Apple教 〜Appleニュース・最新情報・噂まとめ

よかったらコメントを残して情報や感想をお願いします。

タイトルとURLをコピーしました