Appleの「最新情報」を見たい方は次回『Apple教』と検索ください。 Google検索

【watchOS 10.0.1】不具合バグ修正情報・新機能・変更点・いつ公開・インストール時間・やり方など

当サイトでは、AmazonアフィリエイトやGoogle Adsense広告により広告収益を得て運営しています。 広告の観覧やAmazonなどの広告先購入により売り上げの一部がAppleKyo.Comに還元されることがあります。
  • URLをコピーしました!

この記事は約 7 分で読めます。

watchOS 10.0.1 配信開始日は2023年09月22日 金曜日 (日本時間)


スポンサードリンク
[ad03]
目次

更新履歴

  • 2023年09月22日 金曜日 (日本時間) 記事公開
OSリリース情報

今回 今回2023年09月22日 金曜日 (日本時間)に最新のOS、watchOS 10.0.1 がリリースされました。

今回のアップデートは「年に一回の超大型アップデートの修正アップデート」です。
watchOS 10をインストールしている人は「重要なバグ修正とセキュリティアップデートが含まれます」ので「watchOS 10.0.1」に必ずアップデートをしましょう‼️
watchOS 9の方は「このアップデートはアプリの互換性の検証が不十分な為、不具合があっても構わない・新機能を誰よりも早く試したい・人柱になってもいい」と言う人以外はアップデートはしなくても大丈夫ですが、watchOS 9.6.3では、重要なバグ修正とセキュリティアップデートが含まれます」ので必ずアップデートしましょう。

参考
前回2023年09月19日 火曜日 (日本時間)に一つ前のOS、watchOS 10 がリリースされました。

情報は公式ページにも公開中

Appleの公式サイトはこちらです


スポンサードリンク
[ad02]

大きな不具合報告

2023年09月22日 火曜日 (日本時間)現在 致命的な不具合が出ているか情報収集中です。

もし不具合を見つけた方はどんな些細な情報でもいいのでコメントにてご連絡いただけると嬉しいです。
Twitterの公式アカウントへのリプやDMでも構いません。
Apple教を見に来た人に出来るだけ迅速に注意喚起を行いますのでご協力をお願いいたします。
またApple教がApple信者の皆様の役に立ちましたら評価を入れていただければ参考になります。

気をつけた方がいいこと

分かっている問題
解決した不具合

watchOS 10.0.1

  • Apple Watch用のバグ修正と重要なセキュリティアップデートが含まれます

watchOS 9.6.2

  • このアップデートには、手足の震え(振戦) とパーキンソン病に関連する症状を記録するためにMovement Disorder APIを使用するアプリでモーションデータへのアクセスが妨げられる問題の修正が含まれます

Apple Watch でiPhoneのロックを解除

iOS 14.5とwatchOS 7.3以降の組み合わせでマスクを着用して「Face ID」で顔を認識できない時、Apple Watchへのセキュリティ保護された接続を使用してiPhoneをロック解除できるようになりました。設定方法は下記の通りです。

不具合データーベースはこちら

Apple教の最新情報が欲しい方はこちらに登録をして下さい

Apple教では最新の情報をメールマガジン形式でお届けしています。
最新のApple情報が欲しい方は下記の欄にメールアドレスを入れて下さい。

OSアップデートの仕方

OSアップデートの仕方については別ページを用意していますのでこちらをご覧ください。

容量不足でOSアップできない場合の対処方法

Apple教Facebookグループ「Akizoh」さんがApple WatchでOSのアップデートができない時の対象方法を書いてくださいました。
以下その内容です。

Appleユーザーで試した方はダメだったっぽいですが、私の周囲ではコレでうまく行ってます。
尚、今回のメジャーアップデートもすんなり出来ました。

  1. まずはiPhoneをアップデートします。
  2. Apple Watchを再起動します。
    (iPhoneのアップデートが完了した後、Apple Watchで容量不足のエラー通知が来るかもしれませんが無視します。)
  3. 再起動後、
    Apple Watch本体側の設定
    →Wi-Fi
    →Wi-Fiに接続
    →設定
    →一般
    →ソフトウェアアップデート
    →ダウンロードとインストールを選択。
  4. ダウンロードが終わったらApple Watchを充電器に接続
    →Watch本体の設定
    →一般
    →ソフトウェアアップデート
    →インストールを適用します。

追記:アップデートの際、ひとつ前のバージョンからのアップデートではうまく行きました。
ただ、しばらくアップデートしていなくて2つ以上前のバージョンから最新版にしようとするとダウンロード容量が大きくなり失敗する可能性があります。
以上の手順でエラーを回避できる場合があります。


スポンサードリンク
[ad02]

バッテリー持ち

今回のアップデートは超大型アップデートの修正版ですが著しくバッテリーの持ちが悪くなる可能性があります

【インストール時間】私がかかった時間は 約15分前後 です

人によってインストール時間やアップデートファイルは使っているAppleデバイスや
個人差などで異なりますが私のかかった時間を参考までに書いておきます。

今回はApple WatchにOSを自動ダウンロードをした後に計測を始めています

今回のOSと容量watchOS 10.0.1 135 MB
前回のOSと容量watchOS 10【 1.2 GB 】
私の計測デバイスApple Watch Series 7
私の使用可能容量24.8 GB
私の参考回線速度ダウンロード 0.20Mbps
アップロード 0.63Mbbs
今回のOS完了までの時間09分45秒(転送除く)
前回のOS完了までの時間15分03秒(転送除く)
スクロールできます
作業時間合計時間
測定開始00:0000:00
残り時間を計算中
ダウンロード時間 分
準備中
確認中00:0000:000
インストール中00:2500:25
りんごマークスタート00:1800:43
アップデート完了09:0209:45
合計>>09:45
STEP
測定開始

作業時間 / 経過時間
00:00 / 00:00

STEP
インストール中

作業時間 / 経過時間
00:25 / 00:25

STEP
りんごマークスタート

作業時間 / 経過時間
00:18 / 00:43

STEP
アップデート完了

作業時間 / 経過時間
09:02 / 09:45

【アップデーター内容】135 MB (Apple Watch Series 7)

今回のアップデート内容テキスト

アップデート概要 アップデーターサイズ 135 MB

このアップデートには、Apple Watch用のバグ修正と重要なセキュリティアップデートが含まれます。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください: https://support.apple.com/ja-jp/HT20122

watchOS 10 リリースアップデート内容

watchOS 10はwatchOS史上最大のアップデートです。ほぼすべてのアプリの外観が一新され、操作方法も新しくなりました。新機能のスマートスタックでは、どの文字盤からでも、欲しいときに、欲しい情報を表示することができます。サイクリングワークアウトとハイキングの機能が強化され、マインドフルネスアプリに心の状態を振り返るための新しい心の健康体験が登場しました。また、日光の下で過ごした時間を記録できるようになりました。

体験

  • 丸い四隅とディスプレイ全体を活用するように再設計されたアプリを使用
  • どの文字盤からでもDigital Crownを回して表示できるスマートスタックで、時間帯や場所などの状況に応じてタイムリーな情報を表示
  • サイドボタンを押してコントロールセンターにアクセス
  • Digital Crownを1回押してすべてのアプリに、2回押して最近使ったアプリにアクセス

文字盤

  • “スヌーピー”では、時間帯、現在地の天気、およびワークアウトなどのアクティビティにスヌーピーとウッドストックが反応する100種類以上のアニメーションを提供
  • “パレット”では、重なり合う3つの特徴的なレイヤーを用いて色で時刻を描写し、時間の経過に合わせて変化
  • “ソーラーアナログ”では、発光するダイヤル上にクラシックな時刻表示マークがあしらわれ、太陽の位置に応じて一日を通して光と影が交替
  • “モジュラーUltra”では、ディスプレイの端を活用して、ユーザが選択可能な3つのオプションと7つのコンプリケーションでリアルタイムのデータを表示(Apple Watch Ultraで使用可能)

メッセージ

  • 連絡先のミー文字または写真を表示
  • よく使う項目をピンで固定
  • 編集、送信の取り消し、未開封で並べ替え

ワークアウト

  • サイクリングワークアウトがパワーメーター、スピードセンサー、ケイデンスセンサーなどのBluetooth対応センサーに対応し、新しいパワーとケイデンスの指標を表示
  • サイクリングパワー表示では、ワットで測定されたワークアウト中のパワー出力を表示
  • パワーゾーン表示では、機能的作業閾値パワー(60分のセッションで持続できる最大のパワーを測定したもの)を使用してパーソナライズされたゾーンを作成し、各ゾーンでの経過時間を表示
  • サイクリング速度表示では、現在の速度、最高速度、距離、心拍数、および/またはパワーを表示
  • Apple Watchのサイクリング指標、ワークアウト表示、およびサイクリング体験が、ライブアクティビティとして自転車のハンドルバーに取り付けたiPhoneで表示され、簡単に確認可能

アクティビティ

  • 隅のアイコンから“週ごとの概要”、“共有”、およびバッジに素早くアクセス可能
  • Digital Crownを回してムーブ、エクササイズ、スタンドのリングをそれぞれの画面に表示。ゴールの調整機能に加えて、歩数、距離、上った階数、アクティビティ履歴を表示可能
  • “週ごとの概要”には、ムーブの合計に加えて、エクササイズとスタンドの合計も表示
  • アクティビティ共有では友達の写真またはアバターを表示
  • Fitness+でのトップクラスのトレーナーからの“トレーナーのヒント”では、ワークアウトのテクニック、マインドフルネス、健康習慣、iPhoneのフィットネスアプリでのモチベーション維持などの分野についてガイダンスを提供

Fitness+

  • カスタムプランを使ってワークアウトとメディテーションのスケジュールを作成
  • 選択アクティビティの曜日、ワークアウトの継続時間と種類、トレーナー、ミュージック、およびプランの長さを選択すると、Fitness+が自動的にプランを作成
  • スタックを使って、続けて行いたいワークアウトとメディテーションのキューを作成

コンパス

  • “最後のモバイル通信接続地点ウェイポイント”では、デバイスが通信事業者のネットワークに接続できた経路上の最後の地点を自動的に推定“
  • 緊急電話に発信できる最後の地点のウェイポイント”では、いずれかの通信事業者のネットワークに接続して緊急通報サービスに連絡できる最後の地点を自動的に推定
  • POIウェイポイントでは、“マップ”の“ガイド”に保存した見どころを表示ウェイポイントの新しい高度表示では、高度計からのデータを使用して、保存した
  • ウェイポイントの高度の3D表示を作成
  • “高度の通知”では、特定の高度閾値を超えたときに通知

マップ

  • 徒歩範囲では、営業時間や評価などの豊富な場所情報と共に、近くのレストランやショップなどの見どころまでのおおよその徒歩所要時間を表示iPhoneにダウンロードされたオフラインマップが、iPhoneの電源がオンになっていて接続範囲内にあれば、ペアリングされたApple Watchで表示可能オフラインマップでも、車、自転車、徒歩、公共交通機関の経路は使用でき、交通状況の予測に基づいた到着予定も使用可能地形図では、米国の国立公園および広域公園の登山道、等高線、高度、見どころなどの特徴を表示米国の登山道/ハイキングコースの情報では、コースの長さや高度の情報といった詳細情報を表示

天気

  • 背景と状況に応じたビジュアルエフェクトで天気情報を素早く確認
  • 紫外線指標、空気質指数、風速などの重要な情報に1つの表示でアクセス
  • 右にスワイプして、気象状況、気温、降水量、風速、UVI、視程、湿度、AQIなどのデータを表示
  • スクロールして1時間ごとや1日ごとの表示を確認
  • 文字盤に“湿度”コンプリケーションを表示

マインドフルネス

  • “心の状態”の振り返りでは、一時的な感情や日々の気分を記録することが可能
  • 仕事、家族、現在の出来事などの要因を含めて、楽しい、充足、心配など、どう感じているかを確認することが可能
  • 心の状態を記録するためのリマインダーは、通知や文字盤のコンプリケーション、およびFitness+の呼吸セッション、リフレクトセッション、オーディオメディテーションのあとに表示されるプロンプトで使用可能

服薬

  • 設定した時刻から30分の間に服薬を記録しないと、服薬を記録するように通知するフォローアップリマインダーを送信
  • フォローアップリマインダーを重大な通知として設定して、デバイスが消音中または集中モードが有効なときでも表示するオプション

その他の機能と改善点:

  • 日光下の時間を環境光センサーで測定(Apple Watch SE、Apple Watch Series 6以降、およびApple Watch Ultraで使用可能)
  • ホームアプリおよび文字盤コンプリケーションのグリッド予報で、お住まいの地域の電力グリッドからのライブデータに基づいて、よりクリーンなエネルギー源で稼働している時間が表示されるので、デバイスを充電する時間や電化製品をオンにする時間を計画可能(米国本土のみ)
  • コミュニケーションの安全性で、お子様が送受信するセンシティブなビデオを検出成人用の“センシティブな内容の警告”では、コミュニケーションの安全性の技術をすべてのユーザが使用できるようになり、ヌードを含む写真やビデオをぼかして、表示したい場合は選択することが可能
  • “緊急SOS”で発信後、緊急連絡先への通知を重大な通知として送信
  • グループFaceTimeオーディオ通話に対応

    一部の機能は国や地域によっては利用できないことがあります。詳しくは、以下のWebサイトをご覧ください:https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/

    Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:https://support.apple.com/kb/HT201222

スポンサードリンク
[ad02]

アップデート対応機種

  • Apple Watch Series 9
  • Apple Watch Series 8
  • Apple Watch Series 7
  • Apple Watch Series 6
  • Apple Watch Series 5
  • Apple Watch Series 4
  • Apple Watch Ultra 2
  • Apple Watch Ultra
  • Apple Watch SE(第2世代)
  • Apple Watch SE(第1世代)

SNS民・X(旧Twitter)民・Facebook民の声

OSのアップデートが配信されると、SNSで一斉に声が上がります。
これは誰にとっても貴重な情報です。
開発者の方にとっても、OSをアップデートした方・これからアップデートする方にとってもすごく役立ちます。

ここではみなさんからの声を紹介をさせていただきます。
なお掲載に関して個別連絡はしていませんので(理由はXでつぶやいている時点で誰もが見られる状態なので)
拡散元のご本人様で紹介文を削除してほしいという方や自分の情報を掲載してほしいと言う方はコメントを残してください。

また何かしら不具合情報やアプリ対応日など情報がありましたら、
コメント欄に書いていただければきちんと拡散とまとめさせていただきます。

喜びの声・バグ修正の声

不具合の声・治ってほしいバグの声

LINEなどのSNSアプリ不具合

アプリ対応・未対応情報

ゲームの不具合

不具合情報報告はこちらへ

[vfb id=’7′]


スポンサードリンク
[ad02]

以前のアップデート情報

過去の情報をリンク開く

2023年09月22日 金曜日(日本時間) watchOS 10.0.1 アップデーターサイズ  135 MB

2023年09月19日 火曜日(日本時間) watchOS 10 アップデーターサイズ  1.2 GB

2023年09月08日 金曜日(日本時間) watchOS 9.6.2 アップデーターサイズ  118 MB

直近OSリリース

直近リリース iOS 17.0.1 はこちら

2023年09月22日 金曜日 (日本時間)にリリースされた「iOS 17.0.1」の情報はこちら

直近リリース iPadOS 17.0.1 はこちら

2023年09月22日 金曜日 (日本時間)にリリースされた「iPadOS 17.0.1」の情報はこちら

直近リリース watchOS 10.0.1 はこちら

2023年09月22日 金曜日 (日本時間)にリリースされた「watchOS 10.0.1」の情報はこちら

直近リリース iOS 16.6.1 はこちら

2023年09月08日 金曜日 (日本時間)にリリースされた「iOS 16.6.1」の情報はこちら

直近リリース iPadOS 16.6.1 はこちら

2023年09月08日 金曜日 (日本時間)にリリースされた「iPadOS 16.6.1」の情報はこちら

直近リリース macOS 13.6 Ventura はこちら

2023年09月22日 金曜日 (日本時間)にリリースされた「macOS 13.6 Ventura」の情報はこちら

直近リリース watchOS 9.6.2 はこちら

2023年09月08日 金曜日 (日本時間)にリリースされた「watchOS 9.6.2」の情報はこちら

ハッシュタグ

#watchOS1001
#watchOS1001バグ
#watchOS1001不具合

#Apple教

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

管理人・伝道師をやっているだにゃんです。
Apple歴は2000年ぐらいから、
初ガジェットはiPod 20GBから。
iPhoneは日本初モデルiPhone3Gから所持。
現在はiPhone 12 Pro 512GB、iPadPro11 256GB Cellular、iPad mini 6 256GB Cellular、 Apple Watch Series 7 GPS、MacBook Pro 13inch 2020 M1 Touch Bar 1TB、AppleTV 4k 64GB、AirPods Pro 2Gen、beatsX、Beats Solo Pro、Power beats Proを愛用。
どこにいってもApple教を信仰する日々を過ごす。

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次