iOS14 / iPadOS14 / watchOS7 / macOS11.0 Big Sur 先取り情報 2020年いつリリース?対応機種は新機能は?【07/04情報】

5.0
Apple 総合
Apple 総合 iOS iPadOS ハードウェア情報 iPhone OS情報 Apple情報 Apple製品紹介 iPod / iPod touch 製品紹介 iPad Apple製品アップデート Apple製品バグ情報
この記事は約90分で読めます。

目次

広告

iOS14 / iPadOS14 / watchOS7 / macOS11.0 Bic Sur / いつ?配信は2020年秋リリース予定か?

新OSはいつリリースされるのでしょうか?

今年(2020年09月)に最新OS、iOS14 / iPadOS14 / watchOS7 / macOS11.0 Big Surが秋ごろリリースされる予定です。
2020年06月22日(日本時間では23日)に開催されたWWDCで各OSの最新情報が公開されました。詳しい情報やリンクなどは追って用意いたします。

広告

iOS14 beta / iPadOS14 beta / watchOS7 beta / macOS11.0 Bic Sur beta / 配信はいつ?2020年07月Public版配布開催

Beta版導入したい方向け

今年(2020年09月)に最新OS、iOS14 / iPadOS14 / watchOS7 / macOS11.0 Big Sur が発表されました。

一般ユーザーが利用できるPublic Beta版(パブリック ベーター版)というのがあります。それが7月頃にリリースされる予定です。一般ユーザーでも利用ができますが、Public Beta版のインストールは自己責任ですので導入には気をつけてください。

なおインストールをする前には必ずバックアップを取ってください。
私のお勧めはiCloudバックアップがお勧めです。特にiCloudバックアップはWi-Fi環境下にいれば深夜帯に自動でiCloudにバックアップをしてくれるととても便利で優秀なバックアップスケジュールが組み込まれています。パソコンにバックアップするのと違いとても面倒いらずでバックアップが取れるのでこれがお勧めです。

Beta版から通常版のOSに戻すときには、通常版の最後に取ったバックアップの日まで遡るのでそこが注意点です。要するにデーターなどが最後に取ったバックアップの日まで戻ると言うこともあります。

また06月23日現在「Public Beta版はApple公式から配布されていません」し、偽物が出回っているようです。くれぐれも偽物のプロファイルをダウンロードしないように注意をしてください。

広告

iOS14

広告

iPadOS14

iPadOS14対応機種(サポート機種)

  • iPad Pro 2020 12.9inch
  • iPad Pro 2020 11inch
  • iPad Pro 第三世代 12.9inch
  • iPad Pro 第三世代 11inch
  • iPad Pro 第二世代 12.9inch
  • iPad Pro 第二世代 10.5inch
  • iPad Pro 第一世代 12.9inch
  • iPad Pro 第一世代 9.7inch
  • iPad Air 第三世代
  • iPad Mini 第五世代
  • iPad (10.2inch 第七世代 このモデルからスマートキーボード対応)
  • iPad (9.7inch 第六世代 このモデルからApple Pencilのみ対応)
  • iPad (9.7inch 第五世代)

目玉新機能

関連コンテンツ

watchOS7

macOS11.0 Bic Sur

macOS11.0 Bic Sur 対応機種(サポート機種)

  • MacBook
    Intel 2015年モデル
  • MacBook Air
    Intel 2013年以降モデル
  • MacBook Pro
    Inte 2013年以降モデル
  • iMac
    Intel 2014年以降モデル
  • iMac Pro
    Intel 2017年以降モデル
  • Mac mini
    Appleシリコン/Intel 2014年以降モデル
  • Mac Pro
    Intel 2013年以降モデル

目玉新機能

  • コードネームは「Mammoth(マンモス)」・「Monterey(モントレー)」および「Skyline(スカイライン)」・「Redwood(レッドウッド)」と予想されてましたが、WWDCの発表では「macOS11.0 Bic Sur」と発表がされました。

関連コンテンツ

動画

iOS 14 Will Be An 'S' Upgrade
Leaked pics of Apple's augmented reality app Gobi – Josh Constine's Moving Product
Meet iOS 14 Concept on iPhone 12
EXCLUSIVE iPhone 12 Pro & iOS 14 Leaks!

Twitterまとめ

現在まとめ中のニュース

2020年07月04日(土)

秋に「AirPower mini」が発売?iOS14内部にも示唆する情報

Appleは、Car Keyで車の鍵をiPhoneで代替えしようとしていますが、将来的にはパスポート運転免許証もiPhone内に取り込むことを計画しているかもしれないと、AppleInsiderが報じています。

https://iphone-mania.jp/news-299209/

2020年07月03日(金)

macOS Big SurではOSアップデートを高速化

先月開催されたWWDCで概要が発表されたmacOS Big Surは新しいインターフェース、コントロールセンター、ウィジェットなどが搭載されると発表されましたがが、発表された部分以外の地味な点でもユーザーの利便性を向上させています。その一つがOSのアップデートの高速化です。

https://iphone-mania.jp/news-299233/

iPhoneOSの予想間違い~プロッサー氏は誤情報を掴まされたのか?

ジョン・プロッサー氏は、WWDC 20で発表されるiOS13の後継OSの名称は、「iPhoneOS」になると予想していました。しかし、発表されたOSの名称はiOS14だったため、プロッサー氏の予想は外れたことになります。その理由についてMacworldの記者、デビット・プライス氏は、「プロッサー氏はニセの情報を掴まされたのだ」と記しています。

https://iphone-mania.jp/news-299173/

2020年07月01日(水)

iO14とmacOS Big Surのボイスメモアプリに「音質改善」機能が追加

Appleの世界開発者会議WWDC20で発表されたiOS14とmacOS Big Surのさまざまな新機能が明らかになっていますが、ボイスメモアプリもアップグレードされていることがわかりました。新たに「音質改善(Enhance Recording)」機能が追加され、録音を行ったあとに音質をよりクリアにすることができるようになりました。

https://iphone-mania.jp/news-298985/

macOS Catalina 10.15.6、watchOS6.2.8ベータ3公開

Appleは現地時間6月30日、macOS Catalina 10.15.6、watchOS6.2.8、tvOS13.4.8の開発者向けベータ3を公開しました。macOSとtvOSについてはパブリックベータ3もリリースしています。

https://iphone-mania.jp/news-298937/

macOSがiPhone上で実行可能に?Appleが実験中との噂

リーク情報で知られる人物が、Appleは現在、iPhone上でmacOSを実行する実験を行っているとTwitterに投稿しています。

https://iphone-mania.jp/news-298929/

2020年06月30日(火)

macOS Big Sur、SafariでNetflixの4K HDRコンテンツが視聴可能に

macOS Big Surのベータ版には、Safari14が搭載され、HDRビデオ再生のサポートが追加されます。これにより、MacユーザーはNetflixの4K HDRコンテンツが視聴可能になる見込みです。

https://iphone-mania.jp/news-298765/

Apple Watch新機能「睡眠」こだわりをアップルのテクノロジーVPに聞いた

アップルがこの秋に、無料のソフトウェアアップデートとして提供するApple Watch向けのOS「watchOS 7」に、新しく「Sleep=睡眠記録」機能が加わることが、世界開発者会議「WWDC20」で発表された。Apple Watchのユーザーにとって楽しみなばかりでなく、これから初めてApple Watchを手にする人を多く惹きつける機能になりそうだ。

https://ascii.jp/elem/000/004/018/4018002/

Apple、iOS 14/macOS Big Surに搭載される「Safari 14」の仕様を公開

Appleが、WWDC20において、iOS 14、iPadOS 14、macOS Big Surに搭載される「Safari 14」の仕様を公開しています。

http://www.macotakara.jp/blog/safari/entry-39982.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

iPhone用の、Big SurおよびiOS14壁紙アレンジ版を制作

iDownloadBlogが、macOS Big Surに用意される壁紙の、iPhone用アレンジ版を紹介しています。グリーン基調の壁紙は、iPhone11 Proシリーズのミッドナイトグリーンや、11のグリーンと相性の良い仕上がりです。

https://iphone-mania.jp/news-298684/

macOS Big Surのアイコンはこう変わる、現行アイコンと並べて比較

Cult of Macが、macOS Big SurアイコンとCatalinaのアイコンとを並べて比較し、どう変わるのか確認できるページを公開しています。

https://iphone-mania.jp/news-298617/

2020年06月29日(月)

TikTok以外の53個のアプリもクリップボード内容を取得し続けている

クリップボード内容のアプリによる取得が最初に判明したのは今年3月のことですが、iOS14のベータ版が公開となりプライバシー機能が強化されたことで、今になって問題の本質が認識されつつあります。先週、動画共有アプリTikTokが矢面に立たされましたが、加えて53個のアプリがクリップボード内容の取得を行っていることが現地点で明らかになっています。

https://iphone-mania.jp/news-298583/

iOS 14のApp ClipsはApp Storeに行かずに機能が利用できるApple版インスタントアプリ

Apple(アップル)のApp Storeは今や200万本近いアプリが登録された巨大なエコシステムとなっている。 つまり必要なアプリを見つけてダウンロードするのが非常に難しくなっているわけだ。 アプリのデベロッパーが新しいユーザーを獲得するにはApp Storeを対象とする検索広告、伝統的SEO、各種デジタル広告などにますます多額の投資をしなければならないい。

https://jp.techcrunch.com/2020/06/29/2020-06-23-ios-14s-app-clips-will-save-you-from-always-needing-an-app-for-that/

watchOS7で「ショートカットアプリ」がApple Watchに

Appleが現在開発者向けに公開しているwatchOS7ベータではApple Watchでショートカットアプリが使えるようになっています。このまま順調にベータテストが推移すれば、iOS12からiPhoneやiPadで使えるようになったショートカットアプリがいよいよApple Watchにもやってきます。

https://iphone-mania.jp/news-298516/

watchOS 7 の健康管理はアフターコロナ時代に向け、どう進化したのか(佐野正弘)

国内でも東京を主体に新型コロナウイルスの感染が再び拡大傾向にあるようで、引き続き人との接触を減らし自宅で過ごす時間を増やすなど新しい生活習慣が求められている昨今。ですが一方で、自宅にこもっていることで運動不足によって健康を害するという、別の問題も出てきているようです。

そうしたことかアフターコロナの時代には感染症を警戒しながらも、いかに健康を保つかが重要な課題となってきそうです。そうした中でアップルが2020年6月22日(米国時間)に開発者イベント「WWDC 2020」を実施した訳ですが、健康とテクノロジーという意味でいうとApple Watchに搭載されているwatchOSの新バージョン、「watchOS 7」がアフターコロナ時代に向けどのような進化を遂げているのかが注目ポイントでもあります。

https://japanese.engadget.com/apple-watchos-7-001548544.html

iOS14はAndroidっぽい!? 果たしてどちらが“進んでいる”のか、双方のメリット・デメリットを探る

2020年6月23日日本時間午前2時、Apple(アップル)が世界開発者会議「WWDC 2020」にて基調講演を行い、iPhone向け最新ソフトウェア「iOS14」を発表した。正式リリース予定は、今年秋となっている。

https://realsound.jp/tech/2020/06/post-576471.html

iOS 14で追加された音声認識機能(Sound Recognition)がちょっと怖いらしい 「絶対オンにしないな」「不気味すぎるよ」

・音声認識機能は絶対オンにしないな

・通知メッセージが不気味すぎるよ

・「チェーンソーの音を認識しました」って通知が来たら本気で心配したほうがいい

・この機能を上手く活用すれば、ホラー映画1本撮れるんじゃない!?

・おならの音も認識されちゃうわけ?

・設定でこの機能をオフにしておけば怪奇現象に悩む必要なしってこと

https://getnews.jp/archives/2606608

2020年06月27日(土)

Appleのフェデリギ氏、有名ユーチューバーの質問に回答

世界開発者会議(WWDC 2020)の基調講演後、Appleのソフトウェア・エンジニアリング担当上級副社長を務めるクレイグ・フェデリギ氏が、テック系ユーチューバーとして知られるマーキス・ブラウンリー氏のYouTubeに登場、iOS14のアプリ、Siri、MacOSのデザインなどに関するブラウンリー氏の質問に回答しました。

https://iphone-mania.jp/news-298370/

iOS14の写真アプリで最大拡大率がアップ

iOS14のさまざまな新機能が明らかになってきていますが、写真アプリ拡大機能がアップグレードされ、最大拡大率がiOS13と比べてはるかに高くなっていることが判明しました。

https://iphone-mania.jp/news-298360/

iPad Proが俄然メインマシンになるiPadOS 14 #WWDC20 (アスキー)

アップルが完全オンラインで実施した世界開発者会議WWDCでは、例年通り、iOS、iPadOS、watchOS、tvOS、macOSの5つの最新版の発表、新しい開発者キット、そしてMacのApple Silicon移行が明らかとなりました。

https://ascii.jp/elem/000/004/017/4017484/

アップルのAirPodsアップデートに興奮した #WWDC20 (アスキー)

個人的にはたくさんの面白いトピックが登場したWWDC2020。その中からピックアップして、読み解いていきたいと思います。いきなり変化球のようですが、これぞソフトウェアの祭典ともいうべきトピックから。

https://ascii.jp/elem/000/004/017/4017364/

macOS Big Surで復活するMacの起動音「ジャーン」誕生の歴

macOS Big Surで、Macの起動音「ジャーン」が復活するのが話題となっています。Apple製品の歴史を独自のスペックシートで紹介しているApple ExplainedのYouTubeチャンネルが、Macの起動音クラッシュ音の歴史を動画で紹介しています。

https://iphone-mania.jp/news-298291/
Every Mac Startup & Crash Chime

2020年06月26日(金)

iOS14ベータ1とiOS13.5.1のバッテリー動作時間比較、驚きの結果に

開発者向けに提供されているiOS14ベータ1と、現時点で最新の正式版であるiOS13.5.1のバッテリー動作時間を比較した動画を、YouTubeチャンネルiAppleByteが公開しました。

https://iphone-mania.jp/news-298241/

Apple Watchの睡眠追跡機能、バッテリーへの影響は少ない?

watchOS7の新機能として睡眠追跡機能が先日のWWDCで発表されました。睡眠状態を脈拍センサーやモーションセンサーなどで監視し、ユーザーが質の高い睡眠を得る手助けをする機能として紹介されたのですが、睡眠中もApple Watchを装着し、作動させるためバッテリーの消耗がどの程度になるかが、多くのユーザーが気にする点となっています。

https://iphone-mania.jp/news-298225/

iOS14のCarPlay、ライトとダーク、壁紙にあわせて表示はこう変わる?

iOS14CarPlayは新たに、壁紙設定に対応します。設定した壁紙が自動切り替えに対応している場合は、CarPlayの壁紙もそれに応じて変化すると、Svetapple.skは説明しています。

https://iphone-mania.jp/news-298195/

2020年06月25日(木)

【iOS14】手や身体のポーズを検出できる「Vision」フレームワークが利用可能に

現地時間の6月22日から開催中のWWDC20で、手や身体の位置や動きを検出できる「Vision」開発フレームワークが発表されました。手の形を作るだけで絵文字に変換するなど、画面を触ることなくデバイスへの入力を行う例がいくつか紹介されました。

https://iphone-mania.jp/news-298127/

【iOS14】iPhoneが濡れて充電が自動停止しても「緊急解除」が可能に

iOS14では、iPhoneのLightningポート内に水分を検知して充電が自動停止しても、ユーザーが強制的に充電を実行できる選択肢が追加されています。

https://iphone-mania.jp/news-298078/

次世代Safari、Webサイトやサービスログイン時にパスワード入力が不要に

Safari 14ベータでは、Webブラウザから会員制サイトやサービスにログインする際、ユーザー名とパスワードの代わりにFace IDやTouch IDを利用できるようにする機能が、開発者向けに提供されていることがわかりました。

https://iphone-mania.jp/news-298040/

OS14~マイクとカメラの動作状況を画面に表示、アプリの盗み見・聞き防止に効果?

iOS14では、マイクカメラアクセス状況が画面上にインジケーターとして表示されることで、アプリがバックグラウンドでカメラやマイクを使用しているのを確認できるようになるようです。アクセス状況を確認できれば、InstagramやFacebookアプリが、ユーザーの行動を盗み見たり、聞いたりしているとの懸念を排除できるだろうとiDownloadBlogは述べています。

https://iphone-mania.jp/news-29802

2020年06月24日(水)

iOS14ではアプリがアクセスできる画像を個別設定できるようになる

今秋に一般公開されるiOS14では、サードパーティーアプリ経由でカメラロールから画像を選ぶ際、どの画像を選択肢に表示するどうかをアプリ毎に設定しておけるようになります。

https://iphone-mania.jp/news-297960/

【iOS14】ベータ1の動作速度は?iPhone各モデルで比較

現地時間6月22日に開幕した世界開発者会議(WWDC 2020)で発表され、開発者に提供されたiOS14ベータ1と、現時点で公開されている最新バージョンであるiOS13.5.1の動作速度を比較した動画を、iAppleByteが公開しました。

https://iphone-mania.jp/news-297937/

Apple、watchOS7でForce Touchのサポートを終了か?

Force Touchは画面を深く押し込む操作を感知する機能で、ウォッチフェイスの変更時などに利用可能です。

 

Force TouchはiPhoneにおける3D Touchに似ていますが、その3D TouchもiPhone11から利用できなくなっています

https://iphone-mania.jp/news-297896/

【iOS14】AirPodsに「最適化されたバッテリー充電」機能を追加

秋に正式版が公開されるiOS14では、AirPodsのバッテリーの経年劣化を遅らせるため、充電最適化機能が追加されることがわかりました。

https://iphone-mania.jp/news-297865/

WWDC 20の映像に、開発中のプロトタイプMacが映りこんでいた??

リーカーの有没有搞措(@L0vetodream)氏が、WWDC 20の映像に開発中のプロトタイプMacが映りこんでいたのではと指摘しています。

https://iphone-mania.jp/news-297857/

あのリーカーの予想的中率は?WWDCで評価分かれる

現地時間6月22日にオンラインで行われた世界開発者会議(WWDC 2020)の基調講演では、iOS14やAppleシリコンなどが発表されました。

 

AppleTrackは、著名リーカーの予想と実際に発表された内容を照合し、基調講演前と後で、予想の的中率がどのくらい変わったかを公開しています。

https://iphone-mania.jp/news-297851/

iPhone12ディスプレイは120Hz対応?iOS14に示唆する機能が見つかる

Appleの世界開発者会議(WWDC 2020)基調講演の後、開発者向けに次期OSであるiOS14のベータ版が公開されました。その中に、iPhone12の機能を示唆する設定を発見したと、著名リーカーがTwitterに投稿しています。

https://iphone-mania.jp/news-297848/

macOS Big Surのダイナミック壁紙、Catalinaでも時刻で風景が変化

WWDC 20で使用された壁紙の、ダイナミック壁紙仕様5種類が、「Dynamic Wallpaper Club」からダウンロード可能です。macOS Catalinaの壁紙として設定すると、時間の経過と共に、Big Surビッグサー)の風景が自動的に変化します。

https://iphone-mania.jp/news-297777/

【iOS14】「推定位置情報」の選択肢が追加〜現在位置取得は10平方マイルまで

日本時間23日未明から開催されているWWDC20において、iOS14iPadOS14で「推定位置情報(Approximate Location)」の選択肢が今後利用可能になるとの発表がありました。ユーザーの位置情報を得る際、10平方マイル(約25.9平方キロメートル)までのおおまかな位置情報の取得に限定することで、プライバシーを守りつつ位置情報サービスの利用を行うことができます

https://iphone-mania.jp/news-297771/

2020年06月23日(火)

5分でわかるWWDC20まとめ。ARM版Macが年内登場、iOS 14が今秋配信など盛りだくさん

毎年6月恒例、Appleの開発者向け会議WWDC 2020が開催されました。日本時間の6月23日午前2時にはその基調講演が行われ次期OSなどが発表されています。具体的なハードウェアの発表こそ有りませんでしたが、Macの自社設計プロセッサ移行が明らかになるなど、ビッグなニュースも。ここでは注目のトピックスをまとめてお届けします。

https://japanese.engadget.com/wwdc2020-230039110.html

「iPhone標準ブラウザをChromeに」がついに。iOS/iPadOS 14では標準ブラウザとメールが変更可 #WWDC20

アップルがオンラインで開催中の開発者会議、WWDC20で予想通り発表された『iOS 14』と『iPadOS 14』。蓋を開けてみれば、時期は予想通りながら、機能は今回もウワサ以上と思える多さのバージョンとなりました。

そんな新機能の中に、一部ユーザーが本当に、本当に待望していた「Webブラウザとメールアプリのデフォルト設定の変更」機能が搭載される点が、米国版Webサイトで公開されたプレビューページにて公開されています(ええ、ついに“解禁”です)。

https://japanese.engadget.com/ios-ipad14-default-browser-setting-230002347.html

デフォルトのブラウザ変更、AirPodsやボイスメモの音質向上も 「iOS 14」その他の注目機能

2020年秋にリリース予定の「iOS 14」は、ホーム画面を自動で整理する「App Library」や、ホーム画面に設置できる「ウィジェット」、アプリをダウンロードせずに一部機能を使える「App Clip」などが目玉機能だ。一方、WWDC20の基調講演では語られなかったが、Safari、カメラ、写真など、使用頻度の高いアプリにもアップデートがある。ここでは、iOS 14に関するその他の注目機能を紹介したい。

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2006/23/news109.html

「iPadOS 14」発表 「ユニバーサル検索」やApple Pencilの手書き対応など

米Appleは6月22日(現地時間)、オンラインでの開催となった開発者向け会議「WWDC20」で、iPad向けの新OS「iPadOS 14」を発表した。デベロッパープレビューを同日に配布し、パブリックβを2020年7月に配布する予定。一般ユーザー向けには2020年秋にリリースする。

https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2006/23/news087.html

Macが独自プロセッサ「Apple Silicon」に移行し、Intelと決別する理由

基調講演を聴く限り、iPhoneの基礎となるiOS、Macの基礎をなすmacOSの大きなアップデートが目立つ他、プライバシー関連やデバイス間連携など、例年にも増してプラットフォームの大幅な強化が図られているが、「Macのプロセッサが米IntelのアーキテクチャからApple独自のものへと移行すること」が、最も大きなテーマであることは間違いない。

https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2006/23/news081.html

これがApple最新OSの描くニューノーマルだ──WWDC20まとめ

Appleから、これからの我々のライフスタイルを変える多くの発表が、毎年恒例の世界開発者会議「WWDC20」の基調講演で行われた。

 今回のWWDCは30年を越える歴史で初めてのオンライン開催、しかも無料ということもあり、これまでの中でも最大の参加者が見込まれている。

 初の日本語字幕付き映像として周到に用意された基調講演では、これからのデジタルライフスタイルやデジタル社会作りを変えそうな新発表がたくさんあった。本稿では技術にあまり詳しくない人でも分かるように、2020年秋以降のAppleの技術が、我々の生活や社会をどう変えるかにスポットライトを当てながら今日の発表内容を紹介したい。

https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/2006/23/news123.html

iOS 14には「背面タップ機能」が導入されそう #WWDC20

すでに開発者向けのベータ版が配布されているiOS 14に気になる新機能です。こちら、iPhoneの背面タップにアクションを割り当てられるようなんです。

https://www.gizmodo.jp/2020/06/ios-14-back-tap.html

macOS「Big Sur」まとめ。iOSっぽくなったけどどう? #WWDC20

今年のWorldwide Developers Conference(WWDC)はとにかく異例ずくめ。すべてオンラインで実施される、というだけではありません。ついにAppleデスクトップのソフトウェアがモバイルOSに追従する日がやってきたようです。今回新たに発表されたmacOSの10.16バージョン「Big Surにはモバイルアプリが数多く搭載され、見た目もかなりiOSやiPad寄りになっています。

https://www.gizmodo.jp/2020/06/big-sur-matome.html

Chrome等のウェブ拡張機能、Safariに移植できるように #WWDC20

たくさんの新機能が発表されたWWDCですが、Safariブラウザのユーザーにとってかなり気になる新情報です。ChromeやFirefox、Edgeブラウザのウェブ拡張機能の移植が容易になるそうですよ!

https://www.gizmodo.jp/2020/06/chrome-web-extensions-to-safari.html

1分でわかる! WWDC2020で発表された新機能たち

23日深夜2時から開かれたAppleの開発者向けイベントWWDC 2020。

iOS 14、iPadOSなど各デバイスの新機能などが発表されました。1分で見どころがわかるようにまとめました。詳しい発表内容はこちらの記事を御覧ください。

https://www.gizmodo.jp/2020/06/wwdc20-1min-new-features.html

新しいiPadOSまとめ。ますます高まる生産性 #WWDC20

さらにラップトップっぽく。

iPadOS 13がトラックパッドとマウスをサポートした時点で、AppleはiPadを再発明したように見えました。今日発表されたiPadOS 14は、iPadOS 13ほどのオーバーホールじゃないかもしれませんが、それでもiPadでの作業を楽にしてくれる便利機能がいくつも追加されました。

まずインターフェースのリデザインでは、ナビゲーションや整理のためのツールに重点が置かれています。新しいサイドバーを使うと、写真やメモ、ファイルやミュージックといったアプリの中で今までより柔軟なナビゲーションができます。

https://www.gizmodo.jp/2020/06/ipados-14-could-solve-a-bunch-of-little-problems-we-hav.html

なぜアップルは iOS 14 のUIを大幅刷新したのか(石野純也)

6月23日未明に開催されたWWDCで、iOS、iPadOS、watchOS、macOSなどの最新バージョンがそれぞれ発表されました。ARMを採用したチップセットの「Apple Silicon」がお披露目となり、インテルCPUから2年で移行していくことが宣言されるなど、Macに関する重大発表が多かった印象ですが、モバイルの観点では、iOSの変化も大きなものとなりました。ここでは、筆者が注目したiOS 14の新機能について、テーマを絞りつつ紹介していきたいと思います。

https://japanese.engadget.com/ios-14-080507233.html

Appleが殺そうとしているもの2020年版リスト

2020年は「Intelアウトサイド」に尽きますが、WWDCでAppleに狙われた人気サービス&機能はほかにもこんなにあります!

https://www.gizmodo.jp/2020/06/everything-apple-tried-to-kill-at-wwdc-2020.html

iOS 14発表、旧iPhone SEとiPhone6sは共にセーフ。新機能はクルマの鍵や翻訳など

Appleは、初のオンライン開催となった開発者会議「WWDC20」において、iPhoneシリーズとiPod touch(第7世代)用のOS(オペレーティングシステム)であるiOSの最新版「iOS 14」を2020年秋にリリースすることと、その新機能を発表した。

https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/73594/

新iPhone・iPadに搭載へ、今秋登場のiOS 14/iPadOS 14がわかる「14のポイント」

アップルは6月23日(日本時間)、開発者向けイベント「WWDC 2020」を初めてウェブのみのイベントとして実施。次期iPhone向けOSである「iOS 14」およびiPad向けの「iPadOS 14」の詳細について公開した。

https://www.businessinsider.jp/post-215250

【iOS14】iPhoneの背面を2〜3回タップするだけで各種操作が可能

iOS14では、「背面タップ」機能が追加され、iPhoneの背面をダブルタップ、トリプルタップするだけで各種操作が可能になっています。

https://iphone-mania.jp/news-297763/

【iOS14】「探す」アプリ、サードパーティ製品に対応

Appleは、iOS14の「探す」アプリが、Apple以外のサードパーティ製デバイスに対応すると発表しました。Tileなどの紛失防止タグが対応可能になるとみられます。

https://iphone-mania.jp/news-297747/

iPhoneやMacに使える、macOS Big Surの壁紙がダウンロード可能

macOS Big Sur壁紙を、海外メディアiDownloadBlogが公開しています。Macだけでなく、iPhoneやiPadにも設定可能です。設定すれば、開発者でなくても次期macOS気分を味わえます。

https://iphone-mania.jp/news-297722/

【iOS14】絵文字の検索機能が利用可能に

Appleの世界開発者会議WWDC 2020で新製品やソフトウェアアップデートが発表されましたが、iOS14iPadOS14で、絵文字の検索機能が今後利用できるようになることがわかりました。

https://iphone-mania.jp/news-297728/

macOS Big Sur〜コントロールセンターやマップを動画

マーチン・ノベル氏がYouTubeチャンネルで、macOS Big Surデベロッパー・プレビュー版を用いて、コントロールセンターマップを解説しています。

https://iphone-mania.jp/news-297645/

【iOS14】「マップ」アプリ、オービスに接近すると注意を促す機能を追加

Appleは、iOS14の「マップ」アプリで、速度違反自動取締装置(いわゆるオービス)や、赤信号無視監視カメラに近づくとユーザーに注意を促す機能が追加される、と予告しています。

https://iphone-mania.jp/news-297675/

macOS Big Sur〜Big Sueのナイトモード壁紙や主な特徴を動画で確認

マーチン・ノベル氏がYouTubeチャンネルで、macOS Big Surデベロッパー・プレビュー版を用い、特徴や用意されている標準壁紙を解説しています。同OSに用意されているBig Surのナイトモード壁紙やFinderの変更点などを動画で確認します。

https://iphone-mania.jp/news-297605/

Car KeyはiOS13.6で対応、BMWの各車種で利用可能に

iPhoneを自動車の鍵として使える「Car Keys」は、iOS14の正式公開に先立ち、対応車種ではiOS13.6で利用可能になります。BMWが、対応車種などについての詳細を発表しています。

https://iphone-mania.jp/news-297595/

iOS14〜最新レンダリング画像で主な新機能をわかり

iPhoneの系譜で知られるApple Explainedが、iOS14の新機能を容易に理解できる画像を作成し、公開しました。

https://iphone-mania.jp/news-297514/

Apple、美しい新デザインのmacOS Big Surを発表 – Apple (日本)

カリフォルニア州クパティーノ — Appleは本日、世界で最も先進的なデスクトップオペレーティングシステムの最新版、macOS Big Sur(ビッグサー)をプレビューしました。macOS Big Surは、まったく新しいものでありながら、すぐに馴染める美しい新デザインが導入されています。Safariにはカスタマイズ可能なスタートページ、洗練されたデザインが施され、さらにパワフルになったタブ、すばやく簡単に使える翻訳機能、新しいプライバシーレポートなど、多数の新機能が搭載されています。新しくなったメッセージアプリケーションでは、よりパーソナルで表現豊かなメッセージを送受信することができます。また、グループメッセージ内で会話を追ったりメンバーとやり取りすることが簡単にできるようになります。マップも大幅に新しくなり、世界各地を探索しながら臨場感あふれる体験ができる様々な機能が加わります。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/06/apple-introduces-macos-big-sur-with-a-beautiful-new-design/

watchOS 7でApple Watchにパーソナライズ、健康管理、フィットネスについての重要な機能が追加に – Apple (日本)

カリフォルニア州クパティーノ —Appleは本日、watchOS 7のプレビューを行いました。watchOS 7によって、世界で最も先進的なスマートウォッチに、強化されたカスタマイズツールと強力な新しい健康管理およびフィットネスの機能が加わります。共有できて見つけやすい文字盤構成によってこれまでとは比べものにならないほどパーソナライズが可能になります。また、睡眠記録、自動手洗い検出、ダンスなどのワークアウトの種類の追加、新しい耳の健康のための機能により、健康的な生活を送るために役立つ詳しい情報が得られます。また、これらはプライバシーに配慮した設計となっています。マップアプリケーションでは自転車の経路案内、Siriでは言語の翻訳もできるようになり、手元から便利に確認できるようになります。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/06/watchos-7-adds-significant-personalization-health-and-fitness-features-to-apple-watch/

iPadOS 14にiPadのための新機能を搭載 – Apple (日本)

iPadのために設計されたアプリケーションのデザイン、Siri、検索、通話のコンパクトなユーザーインターフェイスでの最適化された操作方法、Apple Pencilによるパワフルで新しい手書き機能など

https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/06/ipados-14-introduces-new-features-designed-specifically-for-ipad/

Apple、iOS 14でiPhoneの体験を刷新 – Apple (日本)

iOS 14では、ホーム画面をカスタマイズしたり、App Clipでアプリケーションを見つけて使ったり、メッセージでいつでもつながることのできる新しい方法が導入されています。

https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/06/apple-reimagines-the-iphone-experience-with-ios-14/

【iOS14】公式壁紙4種類がダウンロード可能

Appleが発表したばかりのiOS14壁紙が入手可能です。iPhoneに設定すれば、iOS14気分を味わうことができます。

https://iphone-mania.jp/news-297508/

【iOS14】標準ブラウザ、メールアプリをユーザーが自由に設定可能に

iOS14では、Safariや「メール」以外の、好みのブラウザとメールアプリを標準設定として変更可能になります。HomePodで再生できるサービスも、Spotifyなどに対応します。

https://iphone-mania.jp/news-297492/

iOS14の偽プロファイルに要注意!デベロッパが注意喚起

iOSデベロッパのあおいカニ氏(@blue_kanikama)氏が、世界開発者会議(WWDC 2020)で先程発表され、開発者向けベータ版が公開されたばかりのiO14の偽プロファイルが出回っていることを発見、本物・偽物の画像をTwitterに投稿しています。

https://iphone-mania.jp/news-297483/

macOS 11.0 Big Surは2013年モデル以降が対象〜対応製品リストを公開

Appleが、現地時間6月22日に発表したmacOS 11.0 Big Surのページを公開し、対応製品リストを掲載しています。

https://iphone-mania.jp/news-297463/

【WWDC20】iOS14など次期OS、Apple独自設計チップも!発表内容まとめ

Appleは、現地時間6月22日(日本時間23日)に開幕した2020年の世界開発者会議(WWDC 2020)基調講演において、次期バージョンとなるiOS14、iPadOS14、macOS Big Sur、watchOS 7、tvOS 14を発表しました。

 

ハードウェア新製品の発表はありませんでしたが、Apple独自設計のMac用チップ「Apple Silicon」が発表されました。

 

各次期OSはそれぞれ、開発者向けには同日よりベータ版の提供を開始し、パブリックベータ版は7月に、正式版は2020年秋のリリース予定としています。

https://iphone-mania.jp/news-297291/

Apple、tvOS14を発表〜SiriでHomeKit対応機器が操作可能に

この秋正式リリースされるApple TV向けのtvOS14では、HomeKitサポートの拡大、マルチユーザー機能向上など、いくつかの機能向上が図られていることがわかりました。

https://iphone-mania.jp/news-297442/

Apple、「macOS Big Sur」発表!Safariを大改良、全体を機能強化

Appleは、Mac向け次世代OS「macOS 11.0 Big Sur」(ビッグ・サー)を発表しました。macOS Big Surは、Safariを大幅に改良する他、「マップ」、「メッセージ」の機能強化も伴う、Mac OS X導入以来最大のアップグレードになるとアナウンスされています。

https://iphone-mania.jp/news-297283/

watchOS7、やはりApple Watch Series 2には対応せず

Appleが現地時間6月22日に発表したwatchOS7は、以前からの噂どおり、やはりApple Watch Series 2には対応しないことがわかりました。

https://iphone-mania.jp/news-297394/

iOS14/iPadOS14の対応機種、iOS13/iPadOS13と同じ

Appleは、iOS14に対応する機種のリストを公表しました。iOS13と同じく、iPhone6s以降の各モデルが対応します。

https://iphone-mania.jp/news-297370/

この秋、AirPodsも進化!デバイス自動切り替え、サラウンド機能も

Appleは、iOS14/iPadOS14の発表と同時に、AirPodsの新機能を発表しました。複数のデバイス間で自動切り替えが可能になり、AirPods Proでは自然でリアルなサラウンド再生が可能です。

https://iphone-mania.jp/news-297356/

【速報】Apple、watchOS7を発表!待望の睡眠追跡機能を追加

watchOS7では、画面上に配置可能なコンプリケーションの数が増え、文字盤の自由度が高まりました。開発者はネイティブSwiftUIを使い、様々な文字盤を開発することができます。

 

新たなコンプリケーションを加えた新しい文字盤も追加され、より高度なカスタマイズが可能になりました。たとえば「クロノグラフ・プロ」文字盤ではタキメーター、「グローベビー」文字盤では、写真を設定することができます。

https://iphone-mania.jp/news-297343/

【速報】iOS14/iPadOS14発表!iPhoneが車の鍵になる機能など追加

Appleは、現地時間6月22日に開催した世界開発者会議(WWDC 2020)で、iPhone用の新OS「iOS14」とiPad用の「iPadOS14」を発表しました。iPhoneを車の鍵として利用できる「Car Key」や、アプリをインストールしなくても使える「App Clip」などの新機能が追加されます。

https://iphone-mania.jp/news-297337/

2020年06月22日(月)

WWDC 2020、ハードウェア発表はなし? 全OSアップデート内容を予想ツイート

著名リーカーの有没有搞措(@L0vetodream)氏が、WWDC 2020の内容をOS毎に予想しています。彼の情報でも、WWDC 2020で新ハードウェアの発表は行われないようです。

https://iphone-mania.jp/news-297218/

iOS14のSafariで音声検索、改善されたタブ、ゲストモードなどが利用可能に?

iOS14の新しいSafariで、iCloudキーチェーンの新機能や、自動翻訳音声検索改善されたタブゲストモードなどが利用できるようになる、とAppleの内部情報に詳しいBloombergのマーク・ガーマン氏がTwitterで投稿しました。

https://iphone-mania.jp/news-297214/

iPhoneOS14の流出したプロモビデオ? 11でのGeekbenchスコアも

マックス・ワインバック氏が、流出した「iPhoneOS14プロモーションビデオ」と称する動画を紹介しています。また、iPhone11とiOS14の組み合わせによるGeekbenchスコアも投稿しています。

https://iphone-mania.jp/news-297155/

2020年06月21日(日)

「iPhoneOS14」対応機種リストのスクリーンショットが流出か

名称がiOS14ではなく「iPhoneOS14」になるとの噂があるiPhone用次期OSの対応機種リストのスクリーンショットとされる画像が、Twitterに投稿されました。iOS13と同じモデルに対応する模様です。

 

【追記 2020/6/21 10:10】画像をTwitterで公開した人物が、「自分が作成したイメージ画像で、実際のページのものではない」と発言しているため、記事公開後にその旨を追記しています。

https://iphone-mania.jp/news-296991/

2020年06月20日(土)

iOS14のAppleの紛失防止タグ「AirTags」のインターフェース音が流出

Appleは、日本時間6月23日未明から世界開発者会議「WWDC 2020」の開催を予定していますが、同イベントで紛失防止タグ「AirTags」が発表される可能性が高いとされています。今回、AirTagsのインターフェース内サウンドとみられるファイルが流出し、デバイスの片鱗が明らかになりました。

https://iphone-mania.jp/news-296721/

2020年06月19日(金)

iOSの名称が初期のiPhoneで採用されていた「iPhone OS」に戻る可能性

iPhone向けのOSである「iOS」は、バージョン4.0以降でその名称を「iPhone OS」から「iOS」に変更しました。初代iPhoneから第3世代のiPhone 3GSまでの搭載OSで採用されてきた「iPhone OS」という名称が、iPhone向けOSの最新バージョン14.0で帰ってくる可能性が報じられています。

https://gigazine.net/news/20200619-ios-iphone-os/

次期iOSはiPhone OS14に変更になる??

次期iPhone用のOSは「iOS14」ではなく、「iPhone OS14」になるのかもしれないとの予想を、AppleInsiderが報じています。

https://iphone-mania.jp/news-296562/

【iOS14】Podcastアプリが刷新、「For You」が追加?

来週月曜日に開幕する世界開発者会議(WWDC 2020)では、iOS14を始めとする次期OSの詳細が正式に発表される見通しです。iOS14ではPodcastアプリが刷新され、新たに「For You」タブが追加されると、米メディア9to5Macが報じています。

https://iphone-mania.jp/news-296542/

2020年06月18日(木)

iPadもUWBに対応、ARで探し物が可能に?開発者がiOS14から発見

iPadが超広帯域無線通信(UWB)に対応し、ARKitでUWBが利用される可能性を示唆する記述を、iOSデベロッパが発見しました。世界開発者会議での発表が噂される紛失防止タグ「AirTags」に関係している可能性もあります。

https://iphone-mania.jp/news-296442/

2020年06月17日(水)

macOS 10.16の名称候補はこれら3つの登録済み商標から選択か

macOS 10.16の名称は、Appleが商標登録し、有効期限を延長し続けてきた、「Mammoth(マンモス)」、「Monterey(モントレー)」、および「Skyline(スカイライン)」の中から選ばれるのではないかとMacRumorsが伝えています。

https://iphone-mania.jp/news-296042/

2020年06月16日(火)

睡眠追跡、新文字盤、キッズモード〜watchOS7の噂、総まとめ!

Appleの世界開発者会議(WWDC 2020)が来週に迫っています。初のオンライン開催となるWWDCでの発表が見込まれるwatchOS7について、これまでの噂や情報をまとめてみました。

https://iphone-mania.jp/news-296014/

2020年06月15日(月)

WWDC目前!iOS14の新機能とは?これまでのリーク情報をまとめてみた

世界開発者会議(WWDC 2020)の開幕日、6月22日が近づいてきました。今年はiOS14の初期ビルドが流出したため、新機能の一部については解析が進んでいます。

 

米メディア9to5Macがまとめた情報をベースに、iOS14で追加されると期待される新機能をまとめてみました。

https://iphone-mania.jp/news-295627/

2020年06月12日(金)

iOS14は増加したバグ報告数低減に向けた安定性重視の開発か~あのリーカー?も追随

TwitterユーザーのSam(@iup_date)氏がYouTubeチャンネルで、iOS13で増加したバグを報告するとともに、「iOS14安定性を重視した”S”年のようなものになるだろう」と、Small Update(小変更)を指すと思われる、「S」を用いて予想を伝えました。

https://iphone-mania.jp/news-294711/
iOS 14 Will Be An 'S' Upgrade

2020年06月11日(木)

「iOS14の通話録音機能」はApple内部のテスト用機能の誤解

流出したiOS14の初期ビルドから、通話を録音できるようになる機能が発見されたと中国メディアが報じましたが、Appleの技術者が開発作業で使用するためのものであり、ユーザー向けの機能としては提供されない模様です。

https://iphone-mania.jp/news-294656/

2020年06月08日(月)

iOS14は海外旅行時に役立つ音声翻訳機能を搭載?ソースコードから判明

現地時間6月22日に開幕する世界開発者会議(WWDC 2020)において発表見込みのiOS14のソースコードから、海外旅行を想定した、音声入力による翻訳機能を示唆する記述と画像が見つかりました。

 

先日、iOS14/iPadOS14では、Safariブラウザに翻訳機能が埋め込まれるという情報をお伝えしましたが、この機能とはまた別のものと思われます。

https://iphone-mania.jp/news-293929/

2020年06月06日(土)

iOS14でのホームスクリーンウィジェット搭載を示唆する絵文字を発見か

流出したiOS14の中から見つかった、ホームスクリーンウィジェット搭載を示唆する絵文字を、Twitterユーザーの「あおいカニ(@blue_kanikama)氏」が投稿しました。

https://iphone-mania.jp/news-293177/

2020年06月03日(水)

iOS 14(仮)ではSafariがオフライン翻訳対応?黒Apple Pencilのウワサも

次期システムソフトウェアiOS 14(仮)にて、純正WebブラウザSafariに翻訳機能が追加される可能性があると報じられています。

これは米9to5MacがiOS 14の開発初期コードを分析して、手がかりが得られたとのことです。このコードは先日、開発用iPhoneごと中国から流出していたと噂されるものと同一かもしれません。

https://japanese.engadget.com/safari-translate-045046602.html

iOS 14、大盤振る舞いでiPhone 6s、iPhone SE、iPad mini 4もサポートする模様

iOSの新バージョンが発表されるたびに、いつも最新モデルへ買い替えているわけではないユーザーが、どこまで切り捨てられてしまうのか、大いに気になるニュースです。しかしながら、まもなく発表される「iOS 14」では、ほぼ当初の期待どおり、現行の「iOS 13」と、まったく同じモデルがサポートされると、このほどMacRumorsが報じました!

https://www.gizmodo.jp/2020/06/ios14-supports-iphone-6s-se-ipad-mini-4.html

2020年05月29日(金)

iPhone12 Proの新コンセプト動画が公開〜「ネイビーブルー」が新色として追加?

未発売デバイスのコンセプト動画制作で知られるConceptsiPhoneは、今年秋の発売が見込まれる「iPhone12 Pro」の新しいコンセプト動画を公開しました。カラーバリエーションに「ネイビーブルー」が加わっています。

https://iphone-mania.jp/news-291383/
Introducing iPhone 12 Pro — Apple

2020年05月28日(木)

LG、iPhone12向けOLEDパネルを2,000万枚受注か

今年発売見込みのiPhone12シリーズは4モデル構成で、すべてのモデルが有機EL(OLED)ディスプレイを搭載すると予想されています。供給するのはSamsung Display、LG Display、そして新たに中国BOEが加わる見通しですが、LGのOLED受注枚数が大幅に増え、これまでのSamsung一強体制が終わると、韓国メディアTheElecが報じています。

https://iphone-mania.jp/news-291377/

iOS14のホームスクリーンウィジェット・コンセプト動画〜リーカーも驚きの完成度

ジェスキン氏がTwitterに投稿したのは、米デザイナー向けWebコミュニティサービス「dribbble(ドリブブル)」で公開されたコンセプト動画です。この動画は、ウィジェットの動作、アイコンの変化など、まるで実製品であるかのような完成度の高い仕上がりになっています。

https://iphone-mania.jp/news-291253/

2020年05月25日(月)

Apple Watchのヘルスケア機能、進化はまだまだ止まらない

Apple Watchは発売以来、健康管理デバイスとしても進化を続けてきました。Apple Watchの重要な機能となっているヘルスケア機能の進化は将来的にもまだまだ止まらないとアメリカのネットメディアが分析しています。

https://iphone-mania.jp/news-290754/

2020年05月24日(日)

acメッセージアプリ、近くCatalyst版へと変更か〜iOS14コードから判明

流出したiOS14のコードから、macOSのメッセージアプリをCatalystバージョンへと変更すべく、Appleが開発を進めている証拠が見つかりました。米メディア9to5Macが報じています。

https://iphone-mania.jp/news-290547/

2020年05月20日(水)

Apple QRコード、流出したiOS14のソースコードから見つかる〜ARに活用か

流出したiOS14のソースコードから、Apple独自のQRコードが見つかったのが報じられていますが、これらのQRコードは将来的に、拡張現実(AR)アプリで活用されるだろうと、Wccftechは伝えています。

https://iphone-mania.jp/news-289960/

2020年05月19日(火)

iOS14のARアプリ「Gobi」の画像や音声データが大量流出

iPhone用の次期OS、iOS14現地時間6月22日から開催される世界開発者会議(WWDC 2020)で発表される見込みです。

 

Appleによる正式発表を前に、iOS14に含まれる画像やスクリーンショットアニメーションを、TechCrunchの元記者ジョシュ・コンスタイン氏が公開しています。

 

3月にiOS14向けに開発が進行中と報じられたARアプリ「Gobi」については、地球にかざしたiPhoneをデザインしたアイコンが公開されています。

https://iphone-mania.jp/news-289677/
Leaked pics of Apple's augmented reality app Gobi – Josh Constine's Moving Product

2020年05月16日(土)

macOS10.16の名称はRedwoodか〜iPhone12の最新情報も確認

EverythingAppleProは現地時間2020年5月16日に公開した動画の中で、macOS10.15 Catalinaの後継となるmacOS10.16の名称は、「macOS Redwoodが有力な候補だと伝えました。

 

「Redwood(レッドウッド)」の名前の由来は、カリフォルニア州の「レッドウッド国立・州立公園」からのものと予想されます。

https://iphone-mania.jp/news-289164/

2020年05月07日(木)

iOS14で実現?Spotifyトップ、iPhoneの音楽アプリ設定変更に期待

音楽配信サービス大手Spotifyのダニエル・エク最高経営責任者(CEO)が、iPhoneなどで標準の音楽再生アプリとしてサードパーティ製アプリを設定可能になることへの期待を語っています。

https://iphone-mania.jp/news-287393/

2020年04月23日(木)

iOS14のコンセプト動画が公開〜常時表示機能、ホーム画面のウィジェットなどの新機能

毎年6月に開催されるAppleの開発者会議(WWDC)での発表が期待されている「iOS14」のコンセプト動画が公開されました。Apple Watch Series 5で導入された常時表示機能や、ホーム画面で使用できるウィジェットなど新機能が満載です。

https://iphone-mania.jp/news-284942/
Meet iOS 14 Concept on iPhone 12

2020年04月20日(月)

iOS14とiPadOS14用Xcode提供の予想、Final Cutは無し?

iOS14とiPadOS14に対応したXcodeが提供されるが、両OS用のFinal Cutは提供されないだろうとの予想を、ジョン・プロッサー氏がTwitterに投稿しました。

iPad向けプロフェッショナルアプリへの期待

「iOS14とiPadOS14に対応したXcodeの提供により、iPad用のプロフェッショナル向けアプリケーション登場の可能性が高まるだろう」と、プロッサー氏は予想しています。

https://iphone-mania.jp/news-284371/

2020年04月11日(土)まとめニュース 05件

iOS 14にサードパーティーアプリをダウンロード前に試せる機能のコードを発見

Appleは(アップル)、iOSユーザーがまだ自分の端末にインストールされていないサードパーティー製アプリとやり取りできる機能を開発いるらしいと9to5Macが伝えている。記事はiOS 14のコードの中で発見された情報に基づくもので、必ずしもアップルが公開予定であるという意味ではなく、同社での開発が進んでいるらしいという兆候にすぎない。

その機能はコード内では「Clips」APIと呼ばれている。同じ名前のビデオ編集アプリとは無関係だ。9to5Macの分析によると、新APIはQR Codeリーダーと連携して動き、ユーザーがアプリにリンクしたコードをスキャンすると、画面に表示されたカードからそのアプリとやり取りできる。

https://jp.techcrunch.com/2020/04/10/2020-04-09-report-apples-ios-14-contains-code-that-would-let-you-sample-apps-before-download/

2020年04月10日(金)

iOS14、アプリをインストールしなくても使える「Clips」機能を導入か

Appleは、サードパーティーのアプリをインストールしなくても、その機能の一部が利用できる機能の開発に取り組んでいるようです。米メディア9to5Macが、iOS14の初期ビルドで同機能を発見したと報じています。

QRコード読み取りでアプリの一部機能が利用可能に

iPhoneまたはiPadにインストールしていないアプリのリンクをクリック、もしくはQRコードを読み取ると、そのアプリのWebページがSafariで開かれます。アプリがすでにインストールされている場合は、Safariではなくそのアプリが開きます。

https://iphone-mania.jp/news-282382/

iPhone9発表間近の兆候か!? iOS14のウィジェットに関する予想も

iPhone9発表間近である兆候、iOS14への搭載が噂されているホームスクリーンウィジェットに関する予想を、ジョン・プロッサー氏が伝えています。

iPhone9の発表が間近である兆候

iPhone8のみ、4月9日に注文しても到着予定日は4月15日〜17日と、遅れが生じている」との情報を、プロッサー氏がTwitterに投稿しました。

https://iphone-mania.jp/news-282337/

2020年04月09日(木)

iPadOS14 プロフェッショナルユースを想定したコンセプト動画

マウスとトラックパッドのサポートを活かし、プロフェッショナルユースとして進化したiPadOS14をイメージしたコンセプト動画が公開されました。

macOSに近づいた姿に

UIデザイナーのアレクサンダー・ケスナー氏が制作した、iPadOS14のコンセプト動画が公開されました。

https://iphone-mania.jp/news-282116/

2020年04月07日(火)

iPhone12のノッチは3分の1縮小する?iOS14のウィジェット画像から判明

3月18日に発表された新型iPad Proに、UWB(超広帯域)に対応するU1チップが埋め込まれているとの噂がありましたが、Appleの事情に詳しい著名ブロガーは「U1チップは搭載されていない」という結論に達したと述べました。

チップの搭載を示す証拠が何ら見つからない

著名ブロガーのジョン・グルーバー氏は、自身のApple関連ブログ「Daring Fireball」で、新型iPad ProU1チップ搭載可能性についてきっぱりと否定する内容を投稿しました。

https://iphone-mania.jp/news-282001/

iOS14で追加される「ウィジェット」をイメージしたコンセプト画像

iOS14で採用が噂されているウィジェット機能をイメージしたコンセプト画像が公開されました。

ウィジェットを好きな位置に動かせるのが特徴

iPhone用の次期OSとなるiOS14では、ホーム画面にウィジェットが設定可能になると報じられて話題となっています。
 
iOS14のウィジェットはiPadOS13の固定されたウィジェットと違って、ユーザーが好きな場所に移せるのが特徴と言われています。
 
米メディアBuzzfeedのプロダクトマーケティング責任者のパーカー・オルトラニ氏が、iOS14のウィジェット画面を想像したコンセプト画像を公開しました。

https://iphone-mania.jp/news-281971/

iOS14のホーム画面でのウィジェットに関するイメージ画像

流出したiOS14のソースコードから使用可能になると噂される、ウィジェット機能を追加したホーム画面のイメージ画像をSvetapple.skが公開しました。

アプリごとにウィジェットを設定可能か

iOS14 widget image
 
流出したiOS14のソースコードから使用可能になると噂される、ウィジェット機能を追加したホーム画面では、アプリごとに表示する内容を設定可能になるだろうとSvetapple.skは予想しています。

https://iphone-mania.jp/news-281889/

2020年04月06日(月)

「iPhone12 Pro」カメラ部分の図面か、iOS14から発見 (iPhone Mania) – LINE NEWS

iOS14から発見されたという「iPhone12」の図面とされる画像が公開されました。トリプルカメラとLiDARスキャナの存在が確認できます。

iPad Proと同じくLiDARスキャナ搭載か

Apple製品のコンセプト動画で知られるYouTubeチャンネルConceptsiPhoneが、「iOS14から発見したiPhone12 Pro」として、Instagramに画像を公開しました。

https://lin.ee/AyrdPjI?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=talk

2020年04月05日(日)

iOS14の壁紙の画像が流出〜ホーム画面でウィジェットが使用可能か

iOS14壁紙のリーク画像がソーシャルメディアに投稿されました。iOS14のコードから、ホーム画面で本格的なウィジェットが使用可能になる可能性も浮上しています。

カテゴリごとに壁紙の選択が可能

TwitterユーザーDongle氏(@DongleBookPro)は、未発表のiOS14壁紙の設定画面の画像をシェアしました。もし同氏の投稿した画像が本物であれば、壁紙は一括表示ではなく、カテゴリごとに分けられることになります。
 

https://iphone-mania.jp/news-281745/

2020年04月02日(木)

iOS14:キーチェーンパスワード管理に1Password的な機能が追加

AppleはiOSのiCloudキーチェーンパスワード管理の機能向上に取り組んでおり、2ファクタ認証パスワード保存などの追加を検討しているようです。米メディア9to5Macが、iOS14の初期ビルドから情報を発見したと報じています。

iOS14でiCloudキーチェーンが機能向上

iOSとmacOSにはiCloudキーチェーンという機能があり、ログイン用のID、パスワード、クレジットカード番号などの機密情報を、すべてのデバイスで最新の状態に同期することができます。

https://iphone-mania.jp/news-281439/

iOS 14、パスワード管理機能を大幅改善か。2要素認証対応など

iCloudキーチェーンは、iOSとmacOSで利用できるパスワード管理機能だ。長いパスワードやクレジットカードなど記憶できないものをiPhoneやMacに覚えさせておくことができる。

記憶させた情報はiCloudを通じて個々のデバイスに共有され、実際にログインしたい時はパスコードや指紋認証、顔認証するだけでパスワードなどが自動入力される便利な機能だが、1PasswordやLastPassといった本格的なパスワード管理アプリに比べると圧倒的に機能が足りていない。

ただ、9to5Macによれば「iOS 14」の初期ビルドはiCloudキーチェーンの大幅な機能アップを示唆しているという。

https://mobilelaby.com/blog-entry-ios-14-icloud-keychain-2fa.html

2020年03月28日(土)

iOS14のソースコードからのiPhone12 Proの画像はフェイク!? 理由も解説

iOS14のソースコードから見つかったと話題になっている、iPhone12 Proの画像はフェイクだとジョン・プロッサー氏が断言し、その理由を解説しています。

ノッチレスディスプレイのiPhone12 Pro

https://iphone-mania.jp/news-280849/

2020年03月26日(木)

iPhone 12はノッチレスに?iOS 14のソースコードから判明|レンダリング画像も公開

発表時期に1〜2ヶ月の遅れが生じるのではないか、と伝えられているAppleのフラッグシップiPhoneiPhone 12」シリーズについて、新たな情報がリークされた。

iPhone 12シリーズはノッチレスに?

先日漏洩した6月にローンチされる最新OS「iOS 14」のソースコードの情報によると、iPhone 12シリーズの上位モデルに当たるiPhone 12 Pro、ならびにPro Maxがノッチレスになるようだ。そのレンダリング画像も合わせて公開されている。

https://qetic.jp/technology/iphone12-notch-200326/349397/

新型コロナウイルスの流行を受けモバイルキャリアがスマホのキャリア表記部分に「家にいて」と表示

発表時期に1〜2ヶ月の遅れが生じるのではないか、と伝えられているAppleのフラッグシップiPhoneiPhone 12」シリーズについて、新たな情報がリークされた。

iPhone 12シリーズはノッチレスに?

先日漏洩した6月にローンチされる最新OS「iOS 14」のソースコードの情報によると、iPhone 12シリーズの上位モデルに当たるiPhone 12 Pro、ならびにPro Maxがノッチレスになるようだ。そのレンダリング画像も合わせて公開されている。

新型コロナウイルスの流行を受け、一部の国々ではモバイルキャリアのネットワークに接続した際に、スマートフォンの画面に「Stay Home(家にいて)」という自宅待機を推奨するメッセージが表示されることが明らかになっています。

https://gigazine.net/news/20200326-mobile-networks-display-stay-home-message/

ノッチのない「iPhone12 Pro」の画像、iOS14から発見か

iOS14のソースコードから「iPhone12 Pro」の画像が発見された、とスロバキアのテクノロジーメディアSvetapple.skが報じています。画面上部のノッチ(切り欠き)がないデザインが特徴的です。

ノッチのない「iPhone12 Pro」か?

Appleに近しい匿名の情報源からを入手したiOS14のソースコードから、ノッチのない「iPhone12 Pro」の画像を発見した、と報じているSvetapple.skは、過去にもApple関連のスクープを報じています。最近、同メディアは完成度の高い「iPhone12」のコンセプト画像を公開して注目を集めました。

https://iphone-mania.jp/news-280455/

2020年03月25日(水)

AppleとBMWが共同で次世代CarKeyを開発中か

車の鍵の解錠をiPhoneで行えるようにするCarKeyについて、AppleBMWは密接に協力して、次世代CarKeyを共同開発しているようです。

流出したiOS14のコードから発見

9to5Macは流出したiOS14のコードから、CarKeyに対応した車両を最初に発売するのはBMWである可能性が高いことを発見しました。この件について9to5MacがBMWにコメントを求めたところ、同社はそれを否定しなかったと報じています。

https://iphone-mania.jp/news-280388/

2020年03月24日(火)

iOS14のコードから「探す」に新たな通知機能とARモードが追加されることが判明

iOS14の初期ビルドを入手した米メディア9to5Macは、「探す」新たな位置情報の共有の通知機能と、拡張現実(AR)モードが使用できるようになることを突き止めました。

iOS13で2つの機能が「探す」として統合

iOS13で、「iPhoneを探す」と「友達を探す」が一体化し、「探す」として生まれ変わりました。
 
「探す」では、あらかじめ設定しておいたAppleデバイスを探したり、友達や家族で現在地の共有や、紛失したデバイスの場所を把握することが可能です。

https://iphone-mania.jp/news-280275/

2020年03月18日(水)

TOFセンサー搭載はiPhone12 Proシリーズのみか〜下位モデルと差別化

先日流出したiOS14のソースコードが解析された結果、2020年秋に登場予定のiPhone12(仮称)シリーズのうち、Time of Flight(TOF)センサーを搭載するのは、上位機種2モデルのみである可能性が浮上しました。

https://iphone-mania.jp/news-278949/

2020年03月17日(火)

iOS 14から5.5インチ「iPhone SE2 Plus」が発見。A13チップ搭載

iOS 14からは以前から噂されているA13 Bionicチップを搭載する証拠も見つかったという。A13 Bionicは最新のハイエンドモデルiPhone 11シリーズに搭載されているチップセット。低価格ながら非常にパワフルなモデルで長期間のOSアップデートが保証されそうだ。

このほかにも防水に耐えうる感圧式のホームボタンや指紋認証センサー「Touch ID」、NFCタグの読み取り機能、Express Transit*に対応する証拠が見つかったとのこと。

https://mobilelaby.com/blog-entry-ios-14-reveals-iphone-se2-plus-details.html

iOS 14(仮)からiPhone 9 Plus(仮)の手がかり発見。8 Plus後継モデルか

米9to5Macは次期システムソフトウェアiOS 14のコードを入手したとして、そこから廉価モデルiPhone 9(ないしiPhone SE2。ともに仮称)や新型iPad Proの手がかりなど、多くの情報を伝えてきました。

そして新たに、iPhone 9の大型バージョン「iPhone 9 Plus」が開発中の証拠を発見したと報じています。アップルが廉価モデルのiPhone 9を準備中であり、それが4.7インチのLCDディスプレイやTouch ID内蔵ホームボタンなどiPhone 8をベースとしつつ、iPhone 11シリーズと同じSoCのA13 Bionicチップを搭載するとの予測は確実視されています。その大型版のiPhone 9 Plus(仮)も何度かアナリスト予測やサプライチェーン情報は伝えられていましたが、OSレベルでの証拠が見つかったのは今回が初めてのことです。

https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-17-ios-14-iphone-9-plus-8-plus.html

アップルが高級ヘッドホンに進出、ソニーに対抗する製品に (Forbes JAPAN)

アップルは以前から噂されていた、オーバーイヤー型のヘッドホンを間もなくリリースする見通しだ。ここ数年、アップルのオーディオ関連デバイスとしては、AirPodsなどのワイヤレスイヤホンが注目を集めてきたが、イヤーパッドが耳をすっぽり覆うオーバーイヤー型のヘッドホンは、サウンドにこだわりを持つ人々から根強い人気を誇っている。

ニュースサイト9to5Macは、リリース前のiOS 14のコードの中に、オーバーイヤー型のヘッドホンを示すアイコンの画像が含まれているのを発見した。このアイコンは、アップルがこれまで外部接続されたデバイスのボリュームやバッテリーレベルを表示する際に用いてきたものに類似している。

https://lin.ee/gqeEpKf?utm_source=line&utm_medium=share&utm_campaign=talk

【追記・修正あり】iOS13.4、3月18日にリリースされる可能性

IT Homeが公開したスクリーンショットによると、iOS13.4ではApple PayとWalletがAlipayに対応するようです。またiOS13.4は、中国時間の3月18日午前1時(日本時間同午前2時)にリリースされるとも記されています。

これを太平洋時間で考えると3月17日午前10時となり、Appleが通常iOSのアップデートを行う時間帯と一致します。iOS13.4と同時にiPadOS13.4、そしてwatchOS6.2、tvOS13.4、macOS 10.15.4も合わせてリリースされる可能性が高いでしょう。

https://iphone-mania.jp/news-278747/

2020年03月14日(土)

流出した情報に基づきiOS14のホーム画面のコンセプト画像が制作

流出した「iOS14」のソースコードの解析情報をもとに、米メディア9to5Macが次期iOSのホーム画面についての記述を試みましたが、すでにいくつかのコンセプト画像も制作されたことが明らかになりました。

https://iphone-mania.jp/news-278475/

iOS 14、Android風のアプリリスト表示など新機能盛りだくさんで楽しみだ!

リーク情報により、続々とその正体が明らかになりつつあるiOS 14。そして新たに、アプリのリスト表示やAR機能、フィットネス機能についての情報が伝えられています。

アプリ一覧や並び替えができるようになる

現在のiOSでは、ホームスクリーンですべてのアプリを一覧することはできません。画面を切り替えたり、フォルダを開いたり、検索したり…と面倒です。しかし9to5Macによれば、iOS 14ではAndroid OSのドロワーのように、アプリが一覧できるというのです。

https://www.gizmodo.jp/2020/03/ios14-android-like-play-list.html

2020年03月13日(金)

iOS 14でのマウスカーソル操作、Macレベルに大進化しそう!

ますますMacっぽく…

9to5Macが入手したiOS 14のコードから、ぞくぞくと新情報が浮かび上がっています。そのうちの一つが、マウスカーソルの大進化です。

現行のiOS 13.1では一応、iPhoneやiPadにマウスを接続してカーソル操作ができるようになっています。

来たるiOS 14(とiPadOS 14)では、複数のポインター形状に対応するそうです。たとえば普段は矢印形状で、リンクの上では指の形状へと変化させる、ということも可能です。

https://www.gizmodo.jp/2020/03/ios-mouse-pointer.html

iOS 14の新機能はスタートアップにとって脅威となる

Apple(アップル)が、この6月に公開することになるiOS 14のコードのリーク情報から、多くの新機能と、新しいデバイスの登場が予想される。アップルが、そうした新たな機能をOSレベルで組み込んでくることは、スタートアップにとって脅威となるだろう。新しいiOSが登場した途端に巨大なインストールベースを獲得し、そうした新機能を無料、もしくは安価に提供できるからだ。そして、iPhoneという収益の柱の売れ行きをさらに増加させることになる。

https://jp.techcrunch.com/2020/03/13/2020-03-10-all-the-startups-threatened-by-ios-14s-new-features/

2020年03月12日(木)

iOS14のコードの中にAppleのオーバーザイヤー型ヘッドホンのアイコンが見つかる

流出した「iOS14」のソースコードの中に、発売が噂されているAppleブランドのワイヤレスオーバーザイヤー型ヘッドホンのものとみられるアイコン画像が見つかりました。

https://iphone-mania.jp/news-278247/

2020年03月11日(水)

Apple、iOS14用のARアプリ開発中?コードネームは「Gobi」

流出した「iOS14」のソースコードから、Appleが「Gobi」のコードネームを持つ拡張現実(AR)アプリを開発中であることが判明した、と米メディア9to5Macが報じています。

https://iphone-mania.jp/news-277968/

「iOS14」から「iPhone9」や次期iPad Proなどの仕様が判明か

流出した「iOS14」のソースコードから、「iPhone9(iPhone SE 2)」や次期iPad Pro、次期Apple TVや紛失防止タグ「AirTag」に関する情報が発見された、と米メディア9to5Macが報じています。

https://iphone-mania.jp/news-277948/

2020年03月10日(火)

iOS14(iPadOS14)は新型Smart Keyboardでマウス操作を強化か (iPhone Mania) – LINE NEWS #linenews

iOS14(iPadOS14)では、マウスやトラックパッドを使った操作が強化される見通しであることが報じられました。

http://news.line.me/articles/oa-rp59145/e37e9a45e51b?utm_source=other&utm_medium=share&utm_content=app&utm_campaign=none

次期iPadOSではマウス操作が強化、トラックパッド内蔵キーボードも登場?iOS 14(仮)に手がかり

iPadOS 13からはマウス操作がサポートされていますが、それが次期iOS 14(およびiPadOS 14)ではさらに強化される手がかりが見つかったと報じられています。米9to5Macが入手したiOS 14ビルド(おそらく開発者向けベータ版以前の、アップル社内版)から得られたマウスおよびトラックパッド新機能の概要は、ざっと次の通りです。

https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-10-ipados-ios-14.html

この記事を書いた人

だんやん
だんやん管理人・伝道師
管理人・伝道師をやっているだんやんです。
Apple歴は15年ぐらい初ガジェットはiPod nano第一世代から。
iPhoneは日本初モデルiPhone3Gから所持。
現在はiPhone XR、iPadPro11、AW5、MacBook Pro 13inch 2016 Touch Bar、AppleTV4k、AirPods Pro、beatsX、Beats Solo Pro、Power beats Proを愛用。
どこにいってもApple教を信仰する日々を過ごす。

★ このページのレビューにご協力をお願いします★

この投稿は役に立ちましたか?
役に立った役に立たなかった0人中0人がこの投稿は役に立ったと言っています。
★ このページのレビュー★

★ このページのレビューにご協力をお願いします★

1つ星2つ星3つ星4つ星5つ星 (まだ評価がありません)
読み込み中...
広告
この情報をあなたが広めるためにシェアをする
だんやんをフォローする
広告
【Apple情報】Apple教 〜Appleニュース・最新情報・噂まとめ